ご無沙汰しております。ロンドンに到着して、早3週間が過ぎました。新しい生活にも慣れましたが、毎日宿題に追われてうんざりグッタリしています。勉強をしに来たはずなんですけどね。。。笑

今回、留学記専用のブログを立ち上げました。こちらのブログにそのまま書いても良かったのですが、過去記事がけっこうたまっているし、これから大学院留学を考えている人の少しでも役に立つことができればということで、新しくブログを立ち上げました。リンクは下記になります。

Warwick大学院留学への道

自分が留学するにあたり、たくさんの方のブログを参考にさせてもらったので、自分も少しでも役に立ちたいと思い、大学名を出したりとけっこう情報をオープンにしています。留学記メインのため、聖歌隊ネタが正直書きづらいので(笑)、聖歌隊関係を詳しく書くときはこちらのブログに書きたいと思っています。そんなに更新するネタがあるわけではないですけどね。
新ブログの方もぜひチラリと覗いてみていただければ幸いです。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

スポンサーサイト
2017_05_03


 何と、前回の更新から1年半以上経っていました。。。(--;)
 ご心配のコメントまでいただいて大変恐縮ですが、特に何かがあったわけではなく、単純に仕事が多忙であったためと、書くネタがなかったこと、そして私自身のブログに対するモチベーションの問題です。
 もうこのブログを読んで下さっている方はほとんどいないと思いますが、簡単に2つほどお知らせをしたいと思います。

 1つは、Connorがついに結婚するそうです!お相手は数年交際していた弁護士の方で、190㎝あるConnorと並んでも肩を並べるくらい背が高くてスタイル抜群!
 今年の1月に2年越しでようやく見つけた新居に引っ越ししたそうで、西ロンドンのおしゃれな街として有名なところで、おそらく高級住宅街だと思います。
 Connorも今年の3月で33歳。ついに!という感じですね。もしかして、息子が産まれたりしたら聖歌隊に入れるのかな~なんて考えてしまいますね☆

 そしてもう1つは私事ですが、数年越しになってしまいましたが、私の大学院留学もついに実現しそうです!
 出願は去年していて、実は合格ももらっていたのですが、仕事の関係で入学時期を延期して、満を持して来年渡英する予定です。
 その辺のことも詳しく書きたいのですが、今日のところはこの辺で。とりあえず重い腰を上げて(?)またブログを細々と更新する生活に戻れたらと思います。
2016_08_28


 またまた更新が滞っているうちに、あっという間に大晦日になってしまいました。今年もあまり更新ができませんでしたが、読んで下さった方はありがとうございました。
 1つだけBurrowes兄弟情報ですが、先週のクリスマスでは残念ながらEdは来れなかったようですが、家族が集まって例年通りパーティーをし、1時間ほどみんなでクリスマスキャロルを歌ったそうです。何て豪華なんでしょう!!その場にいて観客になりたかったです(笑)。

 さて、私の方は明日から2週間イギリスに行って来ます!2年ぶりとなります。とても楽しみですが、会おうと思っていた日本人の友達が帰省と重なっていて会えなかったり、自分の仕事も忙しかったりして、向こうでの予定がほとんど決まっていません。いつにもまして行き当たりばったりの旅になりそうです(^^;)
 イギリスに滞在している間は、日本にいるときよりもかえって時間に余裕があるので、ブログの更新がいつもよりできるかもしれません。なるべく旅行記をリアルタイムでアップできたらと思っています。

 それでは簡単ですが今日はこの辺で。今年もこんな拙いブログを支えて下さり、ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願い致します。皆様、どうぞよいお年を!!
2014_12_31


 以前に書いた、イギリス人のランゲージ・エクスチェンジパートナーがイギリスに帰ってしまいました。彼が日本に滞在していたのは半年もないくらいでしたが、その間にイギリスのお爺様が亡くなって一時帰国もしていたので、実際に会ったのは数えるほどでした。せっかくいいパートナーが見つかっても結局は皆さん帰国してしまうので、とても残念です。
 またランゲージ・エクスチェンジパートナーがいなくなってしまった・・・と思っていたら、ここ最近で立て続けに新たなパートナーが見つかりました。ちょうど9月が欧米のアカデミックイヤーの始まりなので、大学を卒業した人が区切りをつけて9月または10月から日本に来ているパターンが多いようです。
 この9月から出会ったのは、イギリス人青年2人とドイツ人女性1人です。この3人のうち2人は学生(院生)で、1人はワーキングホリデーで来ていて、英会話スクールで働いています。この短期間で2人もイギリス人に出会えるなんてラッキー!

 つくづく思うのは、同じランゲージパートナーを探している人でも、イギリスで出会うのと日本で出会うのとでは違いがあるということです。全員がそうというわけではもちろんないですが、イギリスで出会った人の中には、ランゲージパートナーというよりもガールフレンドを探しているという人が少なからずいました。なので、会ったのは1回きりという人が多かったです。(使ったサイトが良くなかったのかもしれませんが・・・。)
 でも、私の住む都市で出会った人には、そんな目的の人は1人もいませんでした。みんな純粋に日本語が上手くなりたい、日本人の友達を作りたいという人ばかりで、ランゲージ・エクスチェンジもその人が帰国するまで続くことが多いです。あ、すいません、1人もいないというのは語弊がありますね。ガールフレンド探しが目的の人とは、メールのやりとりだけで終わって実際に会うまでには至らないので、「実際に会った人の中では1人もいない」という言い方が正しいかもしれません。
 今回出会った3人も、純粋に日本人の友達がほしいという人たちばかりでした。大学では留学生同士で英語を使うことが多いので、案外日本語を使う機会が少ないのだそうです。3人のうち2人は、日本語がある程度話せるので、自然な日本語の言い回しを教えてあげたりできて面白いです。ワーキングホリデーのイギリス人青年は、まだあまり日本語が話せません。なので、彼とはほとんど英語で話しています。英語の練習にはもちろん効果的なのですが、たまに聞き取れないこともあったり、ずっと英語で話すことに疲れてしまったりすることもあるので、やはりある程度相手も日本語を話せた方が、ランゲージ・エクスチェンジとしては有効だなと思いました。私がまだイギリスに着いたばかりで英語が全然話せなかった頃、ランゲージ・エクスチェンジが上手くいかなかったのはこのためだったんだなと改めて思います。あの時の相手には、さぞかし気まずいというか、やりにくい思いをさせてしまったのだろうなと思います。

 ドイツ人女性は英語のネイティブではありませんが、やはり女性同士ということで親しみやすさがあります。一緒にどこかに出かけたりできたらいいなと思います。そして私に余裕があれば、ドイツ語も少し教わってみたいです。
 こんな感じで、やはり別れがあれば必ず出会いもやって来るものですね。3人とのランゲージ・エクスチェンジを貴重な機会として、英語をこれからも頑張っていきたいです。
 ちなみに先月から通い始めた英会話スクールですが・・・マンツーマンとグループレッスンを月に1回ずつの予定だったのですが、いまだにグループレッスンを受けていません。開講はされていたのですが、人数が集まらずに結局マンツーマンとなりました。そのレベルの人数が少ないためです。マンツーマンになるのはかまわないのですが、どうしてもまたフリートークになりがちなので、きちんと毎回新しい表現を習うようにしたいです。これでは今までと何も変わらないので。。。

 そしてまた私事ですが、1月にイギリスに行って2週間滞在することにしました!そのうちの1週間はまた語学学校に通うつもりです。今回はIELTSのコースを取るつもりです。そしてできれば、そのコースが終わった後すぐにイギリスでIELTSの試験を受けるのが理想的です。イギリス旅行の準備等については、また後日書ければいいなと思っています。
 もう、この旅行が待ちきれないので、早く時間が過ぎ去ってほしいです!まだ2か月も先ですが・・・。この旅行を励みに頑張らねば~。皆さんも、寒くなってきましたのでどうぞ体調にはお気を付けてくださいね。
2014_11_03


 留学から帰って来て、英語力キープのために地元の個人経営の英会話スクールで個人レッスンを受け、その学校が閉鎖してしまったのでその後はネットで見つけたイギリス人の先生に個人レッスンを受けていました。個人レッスンを好んだ理由は、自宅が中心部から離れているため大手英会話スクールに通うのが難しかったこと、グループレッスンよりも話す機会が多いこと、そして何より自分の都合に合わせてフレキシブルにレッスンを予約できることでした。
 でも、どちらのレッスンを受けていても思ったことは、英語を話す「機会」にはなっているけど、英語力が「向上」しているとは感じられないということです。マンツーマンレッスンの場合、「こういう文法を学びたい」「このようなボキャブラリーを増やしたいからこのテーマで話したい」など、こちらから具体的に要求しない限り、単なるフリートークになってしまうパターンが多いです。普段仕事で忙しくしているため、レッスンの計画まで自分で立てることはかなりの手間になりますし、だいいちそれは先生のする仕事だと思うんです。
 そんなモヤモヤを抱えていたため、やはり大手の英会話スクールに所属したほうがいいのではないかと時折思うことがありました。大手の場合、テキストなどがあってカリキュラムがきちんと決められており、確実にレッスンごとにテーマに沿ったボキャブラリーやシチュエーションを学べるのではないかと思いました。イギリスでの語学学校がまさにそのような感じで、テーマごとにボキャブラリーを学ぶというのが自分の中で強く残っていたからというのもあると思います。また、マンツーマンよりは話す時間が少なくなってしまうかもしれないけど、グループレッスンでは他の受講生と知り合いになれたり、お互いに刺激し合えるといった効果もあるのではないかと思いました。
 そしてその思いがさらに強くなったのは、8月に受けたIELTSのために、某英会話スクールの短期集中講座を受けたときです。そのスクールは全国的に知られた大手ではありませんが、講師の質が高く、授業内容はとても満足できるものでした。やはり英会話スクールのほうが、自分が望む授業を受けられるのではと再び思い始めたのです。

 ただ、今まで個人レッスンを受けていたイギリス人の先生はとてもいい方で、人柄的に落ち度があるわけではないので、やめるとは言いづらいなーと思っていました。イギリスやドラマのことなど話も合って楽しいですし。その前の地元の英会話スクールのときもそうだったのですが、先生がいい人であればあるほどやめたいとは言いづらいのでそこが困りました。残念なのは、いい人だから授業内容もいいとは限らないんですよね(--;)
 ところが、IELTSの短期講座を受けていた間レッスンを休んでいたのですが、その後連絡の行き違いもあって幸か不幸か?自然消滅的な形になっています。きっと先生も、かなり良心的な料金設定をしてくれているし先生の自宅から遠いところでレッスンをしてくれているので、絶対に逃したくない顧客ではないのだと思います(笑)。ただ、完全に縁が切れてしまうのも残念なので、勝手な思いですが不定期にレッスンをぽつぽつと入れてもらえればと思っています。
 というわけで、英会話スクールに通うことを決意し、先日体験レッスンに行って来ました。うさぎのマスコットキャラクターがトレードマークの、某大手英会話スクールです。なるべく少しでも家に近いところを選んだので、本店ではなく支店であることから私の予想と違う部分もありましたが(個室ではなくオープンスペースだったり、曜日によって講師が決められていたりなど)、フレキシブルに予約が取れるし、マンツーマンとグループレッスンの両方を受講することもできるというところに惹かれ、入会することにしました。
 ちなみに体験レッスンではたまたまイギリス人講師だったので、イギリスの話がたくさんできて楽しかったです。今後もそのイギリス人の先生のレッスンを取るつもりでいます。そして私の場合、隔週で月2回通うのがちょうどいいペースなので、マンツーマンとグループを月に1回ずつ入れようと思っています。

 今回英会話スクールに通うことにしたことで、受講場所は遠くなり受講料も格段に高くなってしまいましたが、それに値するレッスンが受けられることを期待しています。レッスンは10月から始めることにしたので、通い始めたらまたお知らせしたいと思います。
2014_09_21


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Satomi

Author:Satomi
クラシック音楽が大好き、特にConnor崇拝者です。2010年12月に、1年半のイギリス留学から帰って来ました。日々の生活の様子や音楽関係の話題を中心に綴っていきます。本家Connorファンサイトもどうぞよろしく。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




page
top