上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


 7月29日(日)のサントリーホール公演に行って来ました。実際にコンサートに行かれた方が多いと思いますので、ここでは私の個人的な感想のみ書きたいと思います。

 私が毎週St John'sに通っていたのは今から2~3年前のことになりますが、その頃1年生だったChoral Scholarsのメンバーが今は3年生となり、見覚えのある顔が何人かいました。その頃から既にソリストを務めることもあってかなり上手でしたが、今回聴いてみてさらに熟達した深みのある歌声になっていて感動しました(特にバリトンのソリスト)。Choristersの方は、残念ながら記憶にある顔はありませんでしたが(その頃は小さすぎたのでしょう)、さすがSt John's、楽譜を持つ姿勢からピシっとしていて立派でした。まだ見習い生かと思うくらいの小さな男の子が2人いて、とても可愛らしかったですね。

 さて、肝心の歌声の方ですが、やはりNethsingha先生の指導は素晴らしい!と思いました。以前に留学記の方でも書きましたが、St John'sのいいなぁと思うところは、曲中の一つ一つのフレーズの強弱や抑揚が丁寧で際立っていることです。特に、どの曲かは忘れましたが(最後の方だったと思います)、最後の盛り上がりの部分のfp(フォルテピアノ)が実に壮大で本当に素晴らしかったです。特にChoristersの高音の鋭さが良く聞こえて、思わずゾクッと鳥肌が立ったほどです。
 そしてもう1つの素晴らしいと思うところは、フレーズの最後がピタリとそろっていることです。途中で途切れることなく、最後までしっかり伸ばし切っています。今回、今までにないくらい素晴らしいと思ったのは、最後の言葉が「n(ん)」で終わったときの余韻です。「n」の音を「ん!」と言い過ぎずに静かに響かせるのは難しいと思いますが、本当にきれいにまとまっていました。そしてただ単に全員でそろえるだけではなく、歌い終わった後もしばらく弧を描くかのように響きが空気を伝わって残っていたのです。まるで空気の中にほんわりと「余韻の雲」ができたかのようでした。あんなに広いホールで、あんなに長い時間余韻を残せるのは本当に素晴らしい技術ですし、とても感動的でした。
 専ら評判となっていた、動きのある曲「Come, Holy Ghost(来たれ聖霊)」ですが、あのような演奏形態は初めて見ました。あれだけ多くのパートを、それぞれが別の方向を向いてハーモニーを合わせるというのは、本当に技術のいることだと思います。この曲に限ったことではありませんが、アカペラで歌うことの難しさを改めて感じました。無伴奏で歌うというのは、演奏時間が長ければ長いほど音程が不安定になり、音が下がっていく傾向にあります。でもさすがSt John's、そんな心配は皆無でした。たった10歳前後の少年たちもすらりとやってのけるのですから、本当に才能のある人たちが集まっているのでしょうね。

 コンサートで歌われた曲はどれも素晴らしいものでしたが、その中でも印象に残っているのは「Praise my soul, the King of heaven(わが魂よ、天なる王を賛美せよ)」です。この曲は普段の礼拝で歌われているHymnsの中の1曲で、第436番に当たります。私もこの曲を歌った覚えがあります。まさにイギリスでの日常の礼拝を再現した曲でしょう。
 この曲は、第1節斉唱、第2節合唱、第3節日本語による独唱、第4節ロビンソンのディスカントと共に、という構成で歌われました。第3節の日本語独唱を担当したのは、日英ハーフのChoral Scholar生、テノールのJulian Gregoryくんです。彼はちょうど今年の6月に大学を卒業したところで、私が留学時代にSt John'sに通っていた頃はまだ入学したての1年生でした。以前の留学記でも書いたと思いますが、彼は1年生のときからソロを務めていただけではなく、バイオリニストとしてフォーレクのオーケストラミサにも出演していて、歌のみならず楽器の方でも豊かな才能をもっている青年です。お母様の故郷である日本での公演ということで、Julianくんにスポットを当てた演出がいくつか見られました。それに彼の知り合いも多く聴きに来られていたみたいで、コンサート後のロビーではひときわ大きな人だかりができていました。
 曲についてに戻りますが、第4節の「ディスカント」というのは、主旋律に組み合わされた新しい旋律のことで、たいていは高音部、つまりトレブルが装飾的な高音の対位旋律を歌うことです。日本語の独唱を抜いた斉唱→合唱→ディスカントという構成は、普段の礼拝でのHymnsでは日常的に行われています。簡単に言うと、最初は全員で同じ旋律を歌いますが、2番になるとまず低音部(テナー・バス)がハモリを歌うようになります。そして最後にはトレブルが突き刺すような鋭い高音でハモリを歌い、同時にオルガンの伴奏も壮大なものになります。そんなわけで、どの曲を歌うときも必ず最後は壮大で華々しい盛り上がりで終結を迎えます。
 ただし、一般の礼拝客は最初から最後まで斉唱で主旋律を歌っています。なので、曲が進むにつれてどんどんScholar生やChoristerたちがハモッていってくれるので、自分たちもその壮大な合唱の一部になっていることを実感してとても気持ち良く歌えます。私がいつも、聖歌隊と一緒に歌うのが楽しいと言っていたのは、こういうわけだったのです(笑)。コンサートの曲目の中では一番シンプルなものだったかもしれませんが、私はこの曲を聴いていてSt John'sの礼拝に通っていたことを懐かしく思い出し、もうあのような経験はできないんだなぁと感慨深くなってしまいました。そんなわけで、この曲が特に印象に残っています。
 Hymnsの一つ一つの曲自体は、短くて旋律も複雑ではありませんが、上記のように段階を踏んで曲が壮大になっていくので、最後はとても感動的です。興味のある方は、ぜひSt John'sの普段の礼拝の様子をWebcastsで聴いてみてくださいね。特にこのページのHymn296では、それを顕著に聴くことができます。

 公演後は、ロビーに聖歌隊員が何人か出て来て、Choristersは2人1組になって震災の被災者のための募金を募っていました。そこでChoristersにガンガン話しかけてみました(笑)。日本のどんなところが面白かったのかということに興味があったので、そのことを聞いてみました。同じ質問をNethsingha先生にもしてみたのですが(!)、みんなまずは「Tea room!」と口をそろえて言っていました。京都の裏千家今日庵でお茶を体験したそうですが、日本の伝統的な文化がそれほどまでに印象に残っていることを、とても嬉しく思いました。その他には「日本のお寺を見たのがとても良かった!」と言っている子もいました。
 また、ロビーではわずかな時間ではありましたが、Julianくんのお母様ともお話をさせていただきました。お母様によると、今後も定期的に日本公演を行っていきたいという話が出ているとのことでした。Julianくんはもう卒業してしまいましたが、このように今回の公演で日本とイギリスとの橋渡しをして下さったことに、心から感謝したいと思います。ぜひまたNethsingha先生が音楽監督であるうちに、日本に来てほしいです。

 個人的な感想をちょっと書くつもりが、けっこう長くなってしまいました(^^;)やっぱりSt John'sだと色々な思い出が詰まっていて、ついつい感慨深くなってしまいます。ここまで読んで下さりありがとうございました。そして別な会場でのコンサートに行かれた方々、先立って感想や情報を教えて下さりありがとうございました。
スポンサーサイト
2012_08_03


 もう皆さんご存知かとは思いますが、7月にThe Choir of St John's college, Cambridgeが日本ツアーを行います。日程と会場は以下の通りです。

7月21日(土) 大妻女子大学
  22日(日) 神奈川県立音楽堂
  24日(火) 京都府立府民ホール アルティ
  25日(水) 神戸松蔭女子学院大学
  26日(木) 神戸聖ミカエル教会
  27日(金) 東京オペラシティコンサートホール
  29日(日) サントリーホール

 St John'sの来日は、何と12年ぶりとのことです。そして、普段のチャペルでのミサを再現したコンサートも予定されているとのことで、何とも楽しみなツアーですね!
 私は留学時代にほとんど毎週生で聴きに行っていたので、今回わざわざ飛行機に乗ってまで聴きに行かなくてもいいかなぁと思ったのですが、めったに正統派の英国聖歌隊が来日することはないですし、やっぱり大好きなSt John'sと聞いて黙っていられないですね(笑)。それに、チャペルで隣りに座って聴くのと、コンサートホールで聴くのとはやっぱり全然違うと思いますし、夕べの祈りを再現したコンサートということでぜひ行ってみたいと思い、東京公演に行くことにしました。
 嬉しいのは、私が留学中に1年生だったchoral scholar生が今は3年生となってまだ在籍していること、また、私の大好きなモーツァルトの「Ave verum corpus」もプログラムに入っていることです。ますます楽しみになりました。

 ちなみに、St John'sつながりということで、Tristan Hambletonくんのミニ情報です。ぜひゲストとしてTristanにも来日公演に来てほしいですが、人材の豊富なSt John'sでは助っ人を要請する必要はおそらくないでしょう。choristersのお世話係としてでも来てほしいですねぇ。
 ・・・というのは私の独り言ですが(笑)、Tristanは最近、若き音楽家たちのために開かれた、Oxfordでのオーディションに参加しています。彼自身はもちろんバリトンとして、そして女性歌手(おそらくメゾソプラノ)とのデュエットだったようです。このオーディションは全てデュオによる演奏で、1組につき何と40分ものパフォーマンスだそうです。40分と言えばちょっとしたコンサートのようなものです。プログラムを考えるところから、かなり思案を巡らせたことでしょう。
 残念ながらこのオーディションの結果を探すことができなかったのですが、たぶん賞を取ることはできなかったようです。でも、大学を卒業した現在でも、このように積極的に音楽の活動を続けているというのは嬉しいことですね。
2012_06_10


 やっと受けるべき試験が全て終わり、しばらくぶりにブログを更新することができました。日曜日に受けた試験はとても満足できるものではありませんでしたが、とりあえず終わったことに一安心。きっとダメだと思いますが、ダメならダメでまた来年、しっかりと準備をして臨みたいと思います。万が一受かっていたら二次試験があるのですが、そちらは実技試験重視なので勉強という勉強はしなくていいので気が楽です。試験があるとどうしてもそのことが常に頭の片隅にあって、何をするのでも心から楽しむことができないのが私のいつものパターンなので、出来は悪くてもとにかく終わってスッキリです。
 1つ報われたのは、TOEICの結果が自分の目標をかなり上回っていたことです。これはとても嬉しかったです。まあ、欲を言えばいつも模試で点数を取れていたリーディングが本番で全然だったのが不満ですが、そのかわり自信がなかったリスニングがかなり良かったのでその点は大満足。しばらく次は受けないと思いますが、次受けるときはさらなる点数アップを目指して頑張ります!

 さて、今日の記事のタイトルですが、今週木曜日(7日)になんとセントポール大聖堂でJohn Scott氏がオルガンリサイタルを開くそうです!2004年にアメリカのSt Thomas教会に移って以来の里帰りだとか!これは「サマーオルガンリサイタル2011」と銘打った、世界的に有名なオルガニストを集めた5つのコンサートシリーズのうちの1つで、Scott氏が登場するのはこのコンサートシリーズの3番目だそうです。
 あ~、私がロンドンにまだいたら絶対に聴きに行ったのに!!去年来てくれれば良かったのになぁ。きっとBurrowes家の皆さんは久しぶりにScott氏に会いに行くのではないでしょうかねぇ。合唱指導者としてはもちろん言うまでもありませんが、それだけではなくオルガニストとしても著名なScott氏のコンサート、聴いてみたかったです。

http://www.stpauls.co.uk/Visits-Events/Special-Services-Events/Organ-recital-by-John-Scott-St-Thomas-Fifth-Avenue-New-York-City
2011_07_05


 お久しぶり、Jean-Baptiste Maunierくん(以下モニエくん)の情報です。以前もお伝えしましたが、彼は2008年から2009年までアメリカ・ニューヨークのLee Strasberg Institute(リー・ストラスバーグ演劇学校)で演技と英語力を磨き、その後フランスに帰って来ました。フランスではLes Enfoiresという定期的にチャリティーコンサートを行うsinging groupに所属し、Les Restos du Cœurという年1回行われているコンサートに2005年から(コーラスでブレイクした次の年!)ニューヨークにいた2009年を除いて毎年参加しています。
 今年のこのチャリティーコンサートは先月行われたばかりで、Youtubeにそのビデオクリップがアップされていたので紹介します。ただし、このビデオクリップはコンサートのCDやDVDのプロモート用のもので、モニエくんだけの歌声を聴くことはできません。でも、彼の成長した相変わらずの美少年ぶりは健在ですので(笑)、興味のある方はぜひ見てみてくださいね。(下記リンクをクリック!)

Jean-Baptiste Maunier - Dans l'oeil des Enfoirés 2011

 Youtubeは他にもモニエくんが独唱しているビデオなども見ることができますが、私が聴いた限りでは発声法としてはミュージカルに近いかなと思いました。他にもポップス調の曲を歌っているものも見たことがありますし、残念ながら変声後は本格的なクラシック系の発声訓練は受けなかったようですね。歌が本当に好きだったようなので、もしかしたらと期待していたのですが…やはり俳優のほうを優先したかったのでしょう。
 モニエくんは昨年12月に20歳になったばかりです。身長は184cmあるそうですよ。「コーラス」以後は映画よりもテレビ出演(ドラマ)のほうが多かったようですが(映画出演は1回のみ)、ついに映画に再び参加することが決まり昨年11月より撮影をスタートしたそうです。撮影はフランスと中国で行われるそうですが、モニエくんは映画の中で英語もしゃべるそうです。リー・ストラスバーグで学んできた演技力だけではなく、モニエくんがしゃべる英語のほうも興味がありますね!

 さてもう1人、BACのTristan Hambletonくんです。彼は昨年6月にSt John's Collegeを卒業しましたが、現在はドイツのハイデルベルクにある大学に通っているようです。何の勉強をしているのかはわかりませんが、おそらく大学院ではないかと思います。学問を終えた後の彼の活躍にも期待したいですね。
2011_02_28


 Cheriさんより情報をいただきました。明日(21日)のイギリス時間16時、日本時間24時よりBBC Radio3でイートンカレッジで行われているchoral course3のライブの様子が放送されます。このコースにはDamianくんのお友達、元Westminster Catholic Cathedralの聖歌隊員と元Southwell Minsterの聖歌隊員の子2人が参加しているそうです。
 このコースは1~7まであり、それぞれ9日間ずつOxbridgeや他の有名カレッジで行われる、将来有望な才能ある若者に声楽を教えるワークショップみたいなものらしいです。それぞれのコースでは有名カレッジ(St John'sやTrinity collegeなど)でevensongに聖歌隊として参加するなどのイベントが用意されており、コース最後にはリサイタルが行われるようです。
 このBBC3で放送されるコース3は、Damianくんの所属していたJesus collegeでevensongを行い、その様子が放送されるとのことです。こんなサマーコースやイベントがあるなんて、さすが音楽大国イギリスですね!将来音楽の道に進みたいと思っている若者にとって、何にも代えがたい貴重な経験となることは間違いないでしょう。
 日本では少し遅い時間になりますが、興味のある方はぜひ聞いてみてくださいね。下記がリンクです。

From the Chapel of Eton College

 日本では暑い日が続いているようですね。こちらイギリスもイギリスにしては暑いです。エアコンがないからどこ行っても店の中でさえ暑いし、家の中は熱気がこもっています。私が日本に帰る頃には涼しくなっているといいなー。でもこれからがますます夏真っ盛りだったりして!?
2010_07_20


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Satomi

Author:Satomi
クラシック音楽が大好き、特にConnor崇拝者です。2010年12月に、1年半のイギリス留学から帰って来ました。日々の生活の様子や音楽関係の話題を中心に綴っていきます。本家Connorファンサイトもどうぞよろしく。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。