上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


 さて、たまには留学準備のお役立ち情報を書きたいと思います。
 留学生活で必ず必要となるお金の管理方法です。私はTravelexという会社の「キャッシュパスポート」というカードを使っています。これは銀行口座ではなく、料金前払い式のプリペイドカードみたいなものです。このカードのメリットは・・・

①ポンド建てのカードであること
 1回の入金限度額が£6000なのですが、例えば最初に£6000入金するとします。これはその支払い時の為替レートで日本円で支払います。従って、イギリスでお金を引き出す時にはその時のレートは関係なく、カードに入っている£6000から必要な分だけをポンドで引き出すことができます。

②ATM手数料は£1のみ
 ATMでキャッシュパスポートからお金を引き出す時、いつどんな金額でも£1という固定された手数料がかかります。
 留学時のお金の管理方法を調べると、日本の銀行口座にお金を入れておき(代表的なのは新生銀行やシティバンクなど)、それを海外で手数料なしで引き出せる!といううたい文句をよく見ます。私も最初、そちらのほうが得なのではと思ったのですが、これは引き出し時に日本円をポンドに変えなければならず、そのときのレートは一般的な為替レートではなく、“VISAインターナショナルが定めたレートに4%を加算したもの”などと書かれています。しかもこの円換算レートは公開されていません。このレートが一体どのくらいなのかはわかりませんが、少なくとも£1は確実に高いはず。しかも私は最初新生銀行に口座を開こうと思って店舗まで行ったのですが、行員の方自らが「手数料が高いからやめたほうがいいですよ。」と言っていたのでやめました。態度も良くなかったですし(笑)。

③VISA対応のATMならどこでも使える!
 ほとんどのATMはVISAに対応しているので、これは便利です。私の場合、カレッジの中にVISA対応のATMがあるので、そこで引き出すようにしています。ストリートにあるATMだとちょっと怖いので。

 大きなメリットはこの3つでしょうか。もちろんデメリットもあります。例えば、入金時は入金額に対して1%の手数料がかかります。£6000で足りない場合は再入金することになりますが、再入金時にも1%の手数料がかかります。また、引き出し時にその時の為替レートに左右されないのはいいのですが、購入時よりも円高が進んだ場合は損をした気分になるかもしれません。また、これは銀行口座ではないので利息はつきませんし、もし日本からご家族に定期的に送金してもらう形を取る場合、もっとお得な方法があるかもしれません。(聞いた話では郵便局が安いとか。)
 ちなみに私はこのキャッシュパスポートと、少しまとまった金額の買い物をする時はクレジットカードを使うようにしています。お世話になっているエージェントに勧められて、このキャッシュパスポートを使うことにしましたが、今のところはとても便利だと思っています。再入金する時もインターネットバンキングからできますし。興味のある方はぜひHPをご覧になってみてください。
http://www.cashpassport.com/1/jp/jp/



 話は変わりまして・・・昨日、ホストファミリーと一緒にミュージカル「エビータ」を見て来ました。ミュージカルは初めて見たのですが、マイクを使っているとはいえあの声量と独特なのどの使い方はすごいと思いました。あの歌声を毎日2時間(本番)歌い続けるためには、相当な訓練を積んでいることでしょう。歌だけではなく、アクターたちの動きにも圧倒されました。びしっとそろえるときはそろっているし、動かない時はピクリとも動かず静止しています。途中で子ども(女の子)がソロを歌う場面があったのですが、とてもかわいらしいけど訓練された声という感じがしました。
 でもやっぱり、オペラを聞きなれているせいか、歌自体にはあまり感動しませんでした。ミュージカルファンの方にはごめんなさいっっ(><)私にはやはりオペラ発声の方が合っているようです。あ、それからミュージカルの内容については、まだまだ英語を聞き取れないのであまりわからず。事前にあらすじを調べておいたので、それで何とか理解した感じです。
 ミュージカルを見終わった後は、近くのデパートの中にあるカフェでホストファミリーとお茶をして帰りました。ご夫婦の馴れ初めの話を聞いたりして、楽しく過ごせました。(2人はロンドンのチケット売り場の列に並んでいて知り合ったそう。知り合ってから4ヵ月後にスピード結婚!今年で15年になるそうですが、今でも仲睦まじくて羨ましいです。こんな出会いもあるのですね☆)

スポンサーサイト
2009_05_07


 ついに出発が明日に迫りました。昨日からトランクに荷物を詰め始めたのですが、意外とすぐに重量オーバーになってしまいなかなか苦労しています。
 昨日、ホストファミリーに挨拶の電話を入れました。ご主人が出て、色々質問をしてくれたのですが、何て言っているのかわからず、質問のたび何度も聞き返してしまいました。向こうに行ったら勉強頑張らねばー!と思った瞬間でした(笑)。でも、事前にお話ができて良かったです。
 本当は出国前に皆さんにご挨拶のメールをお送りしたかったのですが、まだ準備が終わっていないので無理そうです。本当に申し訳ありませんm(__)m向こうに着いて落ち着きましたら、また近況を報告したいと思いますので、しばらくお待ちくださいね。
 それでは明日、行ってまいります!皆さんからの温かい励ましのお言葉、本当にありがとうございました。(ちなみに、ヒースロー空港に着くのは現地時間の19時過ぎです。日本は真夜中ですね。)
2009_04_16


 ただ今実家におりますが、プロバイダ契約しなくてもネットにつながったので、記事を書くことができました。頻繁には更新できませんが、出発までにまだネットができるので安心しました。

 さて、今週月曜日に引っ越しをし、3日くらいかかってやっと荷物を片付けました。転勤のある職業だったのであまり荷物を増やさないようにしていたつもりですが、やはり独り暮らしの荷物を実家の自分の部屋に入れるのは大変でした。これからまた留学用の荷物をまとめるのも一苦労しそうです。
 引っ越しの荷物を片付けつつ、色々な手続きをしてきました。まずは転入届などの引っ越しに関わる手続き、それが終わったら航空券購入や保険加入などの留学関係の手続きをしました。

 そして昨日、運転免許試験場に行って国外運転免許証を申請してきました。これは国際運転免許とも言われ、国外でも運転できるようにするものです。手続きはいたって簡単でびっくり。申請用の写真とパスポートを用意し、2650円分の収入証紙を貼った申請用紙を提出するだけ。パスポートも、国外へ行く証明のためにビザを見るのかと思ったら、そうではなくて旅券番号等の確認のためのようでした。免許証は申請からだいたい20分くらいで即日交付。あっという間でした。
 ただ、免許証と言っても国内の免許証のようにカードではなく、厚紙でできた手帳みたいなものでした。それから、有効期限は1年間なのですが、申請した日から1年なので、もう少し出発ぎりぎりに申請したら良かったと思いました。まあ、向こうで運転するかどうかはわかりませんけどね。

 来週は買い物に行って、生活必需品をそろえてこようと思います。でも、あれもこれもと買いだめをするとすぐ高額になってしまうので要注意。もう無収入の身となってしまったので(T_T)本当に必要なものだけ買うように気をつけます。
 それから、今度は国外転出の手続きをして、年金や保険関係の手続きもして来なければなりません。それに、自分にとって一番大変そうなのは、トランクに荷物を詰めること。エージェントの担当の方は、トランク1つだけを持って行って、あと必要なものは向こうで買えば十分とのことでしたが、あまり向こうで新しいものにお金を使いたくないし、トランク以外にも段ボール1個分くらい送ろうかと考えています。とにかく荷物準備が憂鬱です・・・(--;)
 昨日今日で円安が進み、ポンドも先ほど見たら147円まで回復しています。うーん・・・いいような悪いような複雑な気持ち。できれば私の留学期間が終盤に差し掛かってから回復してくれないかな。まだポンド建ての支払いが残っているし(*_*)
2009_04_03


 今週初めにやっとビザが届きました~。申請してから実に約1カ月。やはり、フィリピンで審査されることになった影響で、以前より時間がかかるようになったみたいです。(フィリピンに移行しても日数等は変更無し!と言いきっていたらしいですが・・・。)
 ビザの期限は、カレッジのコース終了後約2カ月の猶予がありました。予想より長めだったので嬉しいです。お金に余裕があれば、別の講座の夏季集中コースに通えるかもしれません。

 さて、無事にビザが下りましたので、何度か話題に出している銀行口座取引証明書について説明します。
 全ての書類が英文でなければならなくなり、一番準備に困るのはこの取引証明書だと思います。残高証明書であれば、たいていどこの銀行でも英文で出してくれますが、残高証明書では申請はできません。過去6カ月間の取引(収支)の様子がわかるものである必要があります。でも、全国でも大手の東京M銀行でさえも英文の取引証明書を出していないらしく、銀行で出したものでなければ、プロの翻訳家にお願いし、プロに訳してもらったという証明が必要となります。もちろんお金がかかりますし、プロとは言え他人にプライベートな預金の出し入れを知られてしまうので、できれば避けたい最後の手段です。

 私は普段使っている地元の地方銀行に、試しに聞いてみました。すると何と英文で出すことができるという返事だったので、すぐにお願いしました。ところが出来上がったものを見てみると、確かに全て英文なのですが、取引の欄が金額のみで、何に使ったとかどこから振り込まれたかということまでは書かれていませんでした。それでいいのかわかりませんでしたが、期日も迫っていて今からプロの翻訳家に頼むわけにもいかず、とにかく申請してみることにしたのです。私がずっとドキドキ心配だったのは、この点だったわけです。
 でも、今回無事にビザが下りたので、それで大丈夫だったということになります。なので、これからイギリスのビザを申請しようとなさっている方は、プロに翻訳を頼む前に、試しに自分が使っている銀行に聞いてみてください。金額のみでも収支の様子がわかるものであれば、それで大丈夫のようです。ちなみに申請時には、取引証明書の他に通帳の原本とそのコピーの提出を求められます。

 ビザがやっと下りたので、本格的に航空券とステイ先の手配をすることになりました。ビザが下りるのが遅かったので、当初予定していた安い航空券が満席になってしまい、数万円プラスになってしまったのでかなり痛いです。

 さて、今週は毎日のように送別会が続き、今日でとうとう仕事納めになりました。皆さんに温かい言葉ばかりかけていただき、我ながら本当に辞めてしまうのだなあと感慨深くなりました。本当に良かったのだろうかと今でも思ったりしますが、新しい未来に向かって頑張ろうと思います。
 明日明後日は引っ越し準備にスパートをかけ、最後の送別会があります。そして30日(月)に実家に引っ越します。実家に一度荷物を置いて、国外転出などの書類関係の手続きや、本格的に留学準備をして、4月中旬に日本を出発します。そのため、30日以降はインターネットができなくなります。実家に兄のパソコンがありますが、あまり使わせてもらえないですし、半月の期間だけ自分のパソコンを新しくネットにつなぐわけにもいかないので、きちんとネットができるのはおそらく明後日までです。
 実家でもネットができればまた記事を書きたいと思いますが、もしできなければこのままイギリスに行き、向こうで落ち着くまでしばらく皆さんにお会いできないかもしれません。大変慌ただしく、皆さんにきちんとご挨拶ができず申し訳ありませんが、向こうに着きましたら学校の様子など詳しくお伝えしたいと思います。

 それではひとまずこの辺で。季節の変わり目ですので、皆様も体調には十分ご注意くださいね。
2009_03_27


 先日、ビザの申請に行ってまいりました。東京の英国ビザ申請センターです。
 例の銀行口座取引証明書が正しいものなのかわからなかったので、書類を提出するときは本当に緊張しました。とりあえず提出したときは何も言われませんでしたが、はたしてきちんとビザが下りるのかドキドキです。
 何も問題がなければ一週間ほどでビザが届くとのことです。無事にビザが下りましたら、前述の取引証明書を含め詳しくお伝えしたいと思います。

 もう今日から3月ですねー。いよいよ今月で退職です。最後の忙しい仕事が待っています。悔いなく無事に終えられればと願っています。
2009_03_01


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Satomi

Author:Satomi
クラシック音楽が大好き、特にConnor崇拝者です。2010年12月に、1年半のイギリス留学から帰って来ました。日々の生活の様子や音楽関係の話題を中心に綴っていきます。本家Connorファンサイトもどうぞよろしく。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。