上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


日本への一時帰国が迫った6月末にSimonさんに再度お会いし、Burrowes兄弟の新たなニュースをお聞きしました。

前回お会いしたときには、Connor夫妻に赤ちゃんの兆候はない・・・と聞いていたのですが、その数週間後にSallyさんの妊娠が判明したのだそうです!
そしておめでたいニュースはまだ止まらず・・・何とSallyさんの妊娠発覚から数週間も置かず、今度はEdwardの婚約者Tessaさんの妊娠が判明!Edカップルは9月に挙式をする予定ですが、式を前に幸せモード全開ですね!
このニュースに誰よりも喜んだのは、兄弟のお母さまSuzyさんだとか。前回お話を聞いたときも、Suzyさんが一番お孫さんの誕生を楽しみにしていると言っていましたもんね。

ちなみにEdの婚約者Tessaさんは11人兄弟?家族?だったかな?とにかく大家族で育ったそうなのですが、その中でも長女のお姉さんはプロのオペラ歌手で、イギリスでも知名度がかなり上がってきているそう。Tessaさんも歌を歌いますが、現在は学校の先生をしているそうです。(Simonさんも、どんな学校で何を教えているかという詳細は知らないそうで・・・)
Connor夫妻に負けず劣らず、芸術的な才能をもったお子さんになりそうですね。
ちなみにお2人の出産は来年春頃の予定で、Sallyさんの方が数週間早いようです。Burrowes家に新しい家族が増えて、一気ににぎやかになりそうですね。

それから実は、Simonさんに会う数日前にLizzieにも会って来ました。彼女がロンドンの学校で音楽を教えていると聞いて、ぜひ授業を見学させてもらいたいと思ったからです。ただ、残念なことにもう年度の終わりだったので授業が無く(テスト期間だった)、そのかわりに彼女がそのとき手掛けていたシアターミュージカルのリハーサルを見せてもらいました。
学校の1階に講堂があり、オルガンやピアノが置いてあってそこでリハーサルをしていました。学校に講堂があるという環境がいいですよね。先生はLizzieの他にもう1人いて、その方が演技の指導をしてLizzieが音楽の指導をするという感じでした。
今回のミュージカルは希望制で、やりたい生徒を募って行っている完全なる課外活動で、授業の一環というわけではないとのこと。しかもそのリハーサルがあったのは日曜日で、勤務時間外の時間を使ってLizzieたちは教えています。その分給料が増えるというわけでもなく、ボランティアというか月給に全て含まれているそうです。
「なぜこのような活動をするのか?」と聞いたら、第一の理由としてこの学校はプライベートスクールなので、学校独自の魅力的なアクティビティを企画してみんなにアピールするためとのこと。第2の理由としては、もちろん生徒たちのモチベーションを上げること。たくさんの練習を重ね、自分たちのためにチケット代を払ってもらい、大勢の前でパフォーマンスをするということはとても貴重な体験になることでしょうね。
そのときリハーサルをしていたのは11~13歳の子たちということでしたが、もう少し大人びて見えましたね~。歌の上手な子、役になりきって演技をしている子、バレエを踊っている子など、それぞれが様々な才能をもっているようでした。

リハーサルが終わった後、学校の音楽棟を見せてもらいました。Lizzieのオフィスもあって、ドアに「Music Director Elizabeth Burrowes」と書かれたプレートがかかっていて格好良かったです(笑)。音楽専門の学校というわけではないので、全員が教養科目の1つとして音楽を受けているようです。ただし、公立の学校ではないのでカリキュラムはなく、生徒の興味を引くようなトピックを選ぶなど自分で授業プランを考えているのだとか。例えば映画音楽だったり、JazzやPopsなんかも取り入れるようです。自分でトピックを選べるのは楽しいですが、1年間全ての授業プランを立てるのはやはり大変な気がします。
Lizzieは11~18歳までの子たち、日本で言うと中学・高校生の音楽を担当しているとのことですが、中学修了時と高校修了時のGCSEやA-levelの試験では、必須科目以外は生徒が自分で受験する科目を選びます。GCSEで選ぶ子は毎年10人もいないくらい、A-levelに至っては1人しかいないという年もあるそうです。そういった生徒がいる場合は、試験対策の授業もするそうです。
今回のように土日も生徒の指導や仕事関連の用事などでつぶれ、とても忙しい日々を送っていますが、やはり教えることは楽しくて自分に合っていると感じているようです。Lizzieは音楽の才能だけではなく、人間関係を構築する才能にも長けていると前から思っていたので、自分に合った職業が見つかって本当に良かったなと思います。
スポンサーサイト
2017_07_14


先日、久しぶりにSimonさんに再会しました!Simonさんはとても忙しくて短時間しか会えなかったのですが、少しだけBurrowes兄弟の近況を聞くことができましたので、ご紹介したいと思います。

まずConnorですが、彼のことはほとんど話題に上がりませんでした(笑)。お母さまのSuzyさんが早く孫のお世話をしたいとずっと思っているそうですが、Sallyさんにはまだまだその気がなさそうとのこと。まあ、まだ結婚したばかりですし、弁護士として活躍しているSallyさんですから仕事も充実しているのでしょうね。Connorカップルの話はこれくらいでした(^^;)

次にEdwardですが、Connorに次いで彼もついに今年の9月に結婚するそうです!お相手とはもう交際5年ほどになるとか。2人はロンドン近郊のCountrysideに家賃の高い大邸宅(?)を借りて住んでいるそうです。昨年のボクシングデー(クリスマスの次の日)はEdの新しい家を見るため、家族みんなが集まったそうです。EdもConnorの仕事を手伝うようになってから生活が安定し、結婚を決意するようになったのではないでしょうか。

そして三男Patrick。彼の近況に一番驚きました。何とPatrickは2月に仕事(母校での声楽講師)を辞め、ガールフレンドとともにベトナムに移住したそうです!彼も今年で30歳。自分の人生はこのままでいいのかと考え始めたそうです。結婚したり子どもを作ったりする前に、自分のやりたいことをやっておきたいと。ベトナムは以前に旅行で訪れたことがあり、お気に入りの場所だったのでしょうね。その前にもタイに滞在していたこともあるので、アジアの国が合っているのかもしれませんね。ベトナムでは小さなホテルに滞在し、近くの大きなホテルでピアノを弾いたり歌を歌ったりしてお金を稼いでいるそうです。1日にわずか3時間くらいの仕事だそうですが、物価が安いので十分な生活費になるし、その3時間以外は完全に自由な時間を楽しめるので、ベトナム生活がとても気に入っているのだそう。Edの結婚式のために一度イギリスに戻って来るそうですが、それ以外は帰国の予定はないとのこと。聞いたときはびっくりしましたが、何となく自由奔放なところがPatrickらしいなーと思いました。

次は妹たちです。Elizabethはこの9月から、ロンドンにあるNurseryからYear13まである私立校のDirctor of Musicに就任するそうです!音楽を教えることに生きがいを見つけたLizzieですが、彼女も着々とステップアップしていますね。きっと生徒からも人気者の先生なんだろうなーと思います。そして末っ子Jennyは5月に大学を無事卒業し、Simonさんご夫妻のもとに戻って来たとか。彼女もこれから自分の進む道をゆっくり考えていくのだと思います。

こんな感じのBurrowes兄弟の近況でした☆また情報が入りましたらお知らせしていきたいと思います。
2017_06_04


 SimonさんとSuzyさんからお聞きした、Burrowes兄弟の近況とエピソードを簡単にお知らせします。

 まず、Connorは相変わらずスポーツトレーディングの仕事を頑張っていて順調だそうです。以前、私が滞在したのと同じE駅地区に事務所を借りたとお伝えしましたが、最近は家で仕事をしていることがほとんどだそうです。Connorはアメリカが好きで毎年旅行しているのだとか。アメリカというよりラスベガスが好きで、必ず年1回は行ってもちろんカジノを楽しんでいるとのこと。どれだけ稼いでいるのでしょうか~??

 次にEdwardですが、以前にConnorの仕事を手伝っているとお伝えしましたが、今は別々に仕事をしているそうです。EdもConnorと同じくスポーツトレーディングの仕事をしているのですが、仕事の種類が若干違うのだそうです。そのため、たまに協力し合うことはあるものの、普段は別々なのだそうです。ちなみにConnorは多種に渡るスポーツを幅広く扱っているのに対して、Edは1種類のスポーツだけだそうです(そのスポーツをど忘れしてしまいましたが、確かゴルフだったような?)。ロンドン市内は生活費が高いため、現在はロンドン郊外に住んでいるそうです。

 Patrickも今までと変わらず、自分の母校の学校で声楽を教えています。以前はJennyが通っていた公立校と2つ掛け持ちをしていましたが、現在は自分の母校1つに絞ったそうです。その理由としては、自分の母校のほうが教育システムをよくわかっていて仕事しやすいし、給料も良いからだそうです。そして自宅では声楽の個人レッスンもしており、現在8人の生徒がいるそうです。下は子どもから上は50歳の女性まで幅広い年齢層のようです。Patrickが住むのはフラットですが、彼がレッスンをする昼間の時間は他の住人が出かけていていないので、レッスンをするのにも迷惑をかけることなくちょうどいいのだそうです。

 Lizzieも今までと変わらず、ロンドン郊外にあるボーディングスクールで音楽を教えています。音楽の授業はもちろんのこと、オーケストラや合唱団の指導もしているので、授業時間外に練習が入ったりしてとても忙しいのだそうです。他の教員は定時で退勤しても、Lizzieはまだ練習があったり団員の生徒とミーティングしたりとやることがたくさんあるのだそうです。そのため、本来であれば在職1年目の教員しか住めない、学校の敷地内の寮に今でも住まわせてもらっているのだとか(Lizzieは今年2年目)。彼女は教員の仕事をとても気に入っているのですが、今年の秋からは別の学校を探しているそうです。おそらく理由としては、現在の学校では音楽以外の教科も担当しなければならないからだと思います。きっと音楽の指導のみに専念したいのではないでしょうか。

 最後に末っ子Jennyですが、彼女も昨年9月からついに大学生となりました。ブリストル大学で哲学と数学を専攻しているそうです。とても忙しく充実した毎日を送っているらしく、9月に入学してからクリスマス休暇までは一度も実家に帰って来るヒマがなかったとか。現在も音楽を続けているのかどうかは、すいません、聞き忘れてしまいました(--;)

 次にSuzyさんからお聞きしたEdのエピソードです。EdがBACのプロモーションのために日本に行くことになり(13歳くらいの頃)、Suzyさんが当時3歳くらいだったJennyも連れて日本の航空会社の飛行機で東京に向かっていたのだそうです。そしたら「あなたがEdwardね?」と席にCAさんがやって来て、何とEdとJennyをコックピットに連れて行って操縦席を見学させてくれたのだそうです!!今なら安全面のこととかで、どんなに有名人でもそんなことできなさそうですが、当時はそんなことができたのですねー。BACのスタッフの方も飛行機に乗っていたとのことなので、その人たちの取り計らいでしょうね。それにしても、何てスケールの大きなサービスでしょうか!
 そして東京に着いたら、電車一車両が全てEdの顔写真付きの広告で埋め尽くされていたり、ビルのワンフロア全てがEdの写真だらけだったりととにかく驚きばかりだったそうです。イギリスではSt Paul's Cathedralの聖歌隊員と言えばもちろん優秀で他の聖歌隊とは一線を画していたかもしれませんが、それでも人前で歌うことは当たり前ですし、そのことによってキャーキャー言われることなんてもちろん無かったでしょうからね(隠れファンはいたかもしれませんが。笑)。日本でコンサートやイベントに出演すると、出待ちの女の子たちがキャーキャー言って群がって来るので、SuzyさんにとってもおそらくEd本人にとっても不思議な光景だったみたいです。笑

 以上、Burrowes兄弟のミニ情報&エピソードでした~。少しでも楽しんで読んでいただけたら幸いです。
2015_01_25


 久しぶりのBurrowes兄弟情報です。まずConnorですが、去年の夏にロンドンでオフィス用のフラットを購入したそうです。そこでは4人が働いていて、そのうちの1人はConnorのすぐ下の弟Edward!兄弟で一緒に働くなんて微笑ましいですね。Edは大学院卒業後、なかなか自分に合った仕事に巡り合えなかったみたいなので、Connorが気を遣って声をかけたのかもしれません。いずれにせよ、尊敬するお兄さんと一緒に働くことができて、Edも嬉しいのではないでしょうか。彼らはスポーツ賭博予想士として働いているわけですが、特にテニス、クリケット、サッカーを専門としているらしいです。
 そしてConnorは、25%の権利ですが競走馬を所有しているとのことです。とてもいい馬なのですが、残念ながらまだレースで勝ったことはないのだそうです。それにしても、ロンドンのかなりいい場所にフラットを買い、競走馬まで所有するなんて、相当ビジネスが成功しているのでしょうね。このまま順調にいくといいなあと思います。
 次に三男のPatrickですが、現在も彼の母校で声楽の先生をしています。その仕事をとても気に入っているとか。この1月に広いフラットに引っ越し、1部屋をミュージックルームにして、そこでプライベートレッスンを行っているのだそうです。彼も順調に音楽の道を続けていて嬉しいですね。
 そして妹たちですが、Lizzieも音楽教師の仕事をとても楽しんでいるようです。末の妹JennyはもうすぐA-levelsの試験がありますが、既にある大学からオファーをもらっているそうです。その大学では数学と哲学を勉強する予定だそうです。
 Lizzieですが、働いているパブリックスクールのHPのスタッフ紹介のページに写真付きで載っていたので、リンクを貼っておきます。興味のある方は見てみてください。下から3番目がLizzieですが、それを見ると音楽だけはなく、演劇と英語の授業も受け持っているみたいです。
http://www.rbcs.org.uk/about-reading-blue-coat-school/meet-the-teachers/

 さて、話題は変わって3月に受けたIELTSの結果ですが、、、一言で言うと玉砕です(T_T)総合スコアは前回より0.5下がっただけで、最低そのスコアはほしい!と思ってたのでまあいいのですが・・・セクションごとのスコアが悪すぎました。まず、リーディングとライティングは前回より0.5ダウン。両方とも十分に準備していかなかったし、当日の手ごたえも良くなかったのでまあ仕方ないですが、ライティングはもう少しスコアほしかった!
 そして一番ひどかったのがスピーキング!前回より1.0ダウン、しかもそれは初めて受けた時よりも0.5ダウンしているという、過去最低のスコア!しかもしかも、スピーキングは唯一英会話の先生と十分に練習したつもりだったし、当日もまあまあ話せたと思っていただけに相当ショックでした。イギリス滞在4ヶ月目に受けたスコアよりも悪くなっているなんて!!結果を見た直後は信じられない気持ちでいっぱいでしたが、冷静に原因を考えてみると、ボキャブラリーが日常会話程度しかなかったせいかもしれません。いくらたくさん話せたとしても、内容のレベルが低かったのでしょうね。同じことを何回か繰り返して言ってしまった気がするし。まあ、だとしても一回目よりもスコアが悪いのは未だに信じられませんが(T_T)
 一つ明るい兆し(?)は、リスニングが0.5上がって過去最高のスコアだったこと。リスニングはけっこう模擬試験で練習したし、毎日アメリカの連続ドラマのDVDを観ているのでその効果があったのかもしれません(笑)。

 今回、スコアがイギリスの大学院出願の最低レベルに達していたら、真剣に大学院留学を考えようと思っていたのですが、そんな甘いものではありませんでした。必要なスコアには総合で0.5足りないのですが、例え総合スコアが達していたとしても、各セクションにも最低スコアが設定されており、一つでもそのスコアに達していなければ満たしたことになりません。今回で言うと、ライティングとスピーキングが必要スコアに達しておらず、しかもスピーキングはあと1.0も上げなければいけません。
 今回の結果を見て、大学院留学なんて絶対無理!遠い目標すぎる!そしてだんだん面倒くさくなってきたしやめようか・・・とも思ったのですが、日が経つにつれてどんどんイギリスが恋しくなるし、大した努力もしないで諦めるなんて簡単すぎるので、もう一度頑張ってIELTSを受けようかと思っています。前回はよりによって仕事が忙しい時期に受けてしまったので、次回は夏休みに重なる時期に受けようかと。もうちょっと用意周到に準備して頑張ろうと思います。
2014_04_06


 珍しく(!)連続投稿です。Burrowes家よりお知らせがあります。
 Burrowes家(と言ってもSimonさんとSuzyさんのご夫妻のみですが)は、この3月に無事に引っ越しを終えたそうです。イギリスで家を売り買いするのは本当に大変らしく、Burrowes家も引っ越しを考え始めてから実現するまでかなりの時間がかかりました。イギリスでは古い家ほど価値が高く、新築の家というのはめったにありません。子どもがいるうちは大きな家を買い、子どもが家を離れたら小さい家に買い替え、その差額を老後の資金に充てるのが一般的だそうです。例えば今回、Burrowes家が引っ越した家にはもちろん前の持ち主がいます。その持ち主も次の家が決まっていなければなりません。また、Burrowes家の元の家も、次の人に売れていないと新しい家に移ることができません。このように、家を売る人・買う人がチェーンのようにつながっており、もしこのチェーンの中のただ一人でも「やっぱり売るのやめる!」「お金ないから新しい家に移るのはやめた!」なんて言い出したら、チェーンに関わる全ての人の家の売買がダメになるのだそうです。Burrowes家も何度かチェーンの失敗があったそうです。

 そんな大変なこともありましたが、Burrowes家は3月に無事に引っ越すことができたそうです。ただ、日本のようにきちんとリフォームをして引き渡されるわけではないので、引っ越した後も自分たちで家を整えなければならず、現在はガーデンをきれいにするのがもっぱらのプロジェクトだとか。バスルームにシャワーやトイレをつけたり、ダイニングの床を貼ったりなどなど、イギリスではお父さんたちがDIY(Do It Yourself)するのが当たり前。たぶん、日本人の一般男性よりも相当大工仕事は得意だと思います(笑)。
 さて、ここからがお知らせです。Burrowes家には今でも、日本のBACファンからConnorやEdwardにカードなどが届くそうです。ところが今回引っ越したため、今は前の住所に届いてしまっているのだそうです。ConnorやEdはカードが届くことを喜んでいるため、これからは新しい住所に送ってほしいとのことです。そこで、もしこの記事をご覧になっている方で該当する方がいらっしゃいましたら、Burrowes家の新しい住所をお教えしたいと思いますので、ぜひご連絡いただきたいと思います。私のメアドを知っている方は直接メールしていただいてかまいませんし、シークレットコメントでもOKです。どうぞよろしくお願い致します。
2013_05_19


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Satomi

Author:Satomi
クラシック音楽が大好き、特にConnor崇拝者です。2010年12月に、1年半のイギリス留学から帰って来ました。日々の生活の様子や音楽関係の話題を中心に綴っていきます。本家Connorファンサイトもどうぞよろしく。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。