4日間に渡って放映された「クワイア ボーイズ」の完全版、観ました!
 簡易版よりも多くの子どもたち一人ひとりにスポットをあて、それぞれの歌に対する想いを聞いてとても感動しました。特に、病気や心の傷を抱えている子たちが合唱にやりがいや生きがいを見出し、本当に歌が好きで生き生きと練習に取り組み、徐々に自分に自信をもっていく姿が素晴らしかったです。「歌なんて格好悪い!」と言っている子ももちろんいるけど、その中でも実は歌が好きな子は決して少なくないということもわかって、何だか嬉しかったですね。

 他に簡易版では詳しく放送されなかったのは、聖歌隊出身の子が2人もいたということでした。聖歌隊での練習の様子も見れて興味深かったです。彼らは合唱団ができるまでは聖歌隊に入っていることは隠していたようですが、今では堂々と胸を張っていることでしょう。
 また、合唱団がキングズ・カレッジに行って指導を受けていたことも驚きでした!テレビ番組の企画だったからできたことだと思いますが、子どもたちは様々な刺激を受けて本当にいい経験をしていると思います。
 それから前回の記事でも書いた、ラッパーのイムラン。彼のグループが合唱団に加わった経緯がわかって良かったです。彼らの音楽的センスは本当に素晴らしいですね。音楽を聞くと自然に体が動くし、歌い終わった後の心からの笑顔は、本当に何にも代えがたいものだと思います。イムランの声、何度聞いてもいいわぁ

 あと気になったのは、「ママを喜ばせたい」と言っていた少年がたくさんいたこと(あのイムランも含め)。日本の中学生なら絶対言わないセリフだろうなーと思いました。イギリスの少年は皆そうなのでしょうか。とても可愛くて癒されました(笑)。それから何と言ってもトーヤン(ロイヤルアルバートホール出場の審査でソロを歌っていたボーイソプラノ)の笑顔!!彼の心から歌が好きで楽しんでいる笑顔を見るとこちらも自然に笑顔になるし、自分も歌いたい!という気持ちになります。
 一つ残念だったのは、簡易版に比べても合唱の練習風景がそれほど増えていなかったこと。ほとんど合唱の経験のない子たちに、どのような発声指導をしているのかとても興味深かったのですが…。やっぱりギャレス先生の企業秘密なのでしょうか(笑)。

 いつも上手くいっていたわけではないと思いますが、あのような歌が好きで素晴らしい少年たちがいる合唱団を指揮することは、とても気持ちが良いことだったと思います。自分も少年合唱団を指導してみたいと思ったくらいです(スイマセン、独り言だと思ってください。笑)。
 彼らがこれからも歌を愛し続け、ランカスター校の合唱団が素晴らしい歴史を作り上げていくことをお祈りします。
 
スポンサーサイト
2008_11_20


 映画「コーラス」のJean-Baptiste Maunierくん(以下、モニエくん)。コーラス以降は俳優の道を歩み、映画に出演しながら歌のイベントなどにも参加していたようです。コーラスはずいぶん前のように感じられますが、モニエくんは今年でまだ18歳です。何と言っても、私が少年合唱に興味をもつきっかけとなった映画であり、一番最初に魅せられたボーイソプラノであったので、その後もモニエくんの動向を気にはしていました。
 最近はあまり映画出演の情報も聞かず、動きがないなあと思っていたら、アメリカNew Yorkの「The Lee Strasberg Institute(リー・ストラスバーグ演劇学校)」に1年間通うことになったそうです。この演劇学校は、多くの名優(マリリン・モンロー、ジェームズ・ディーン、ダスティン・ホフマン、ロバート・デニーロ、最近ではアンジェリーナ・ジョリーなど)を輩出していることで名高い名門校だそうで、ニューヨークの他にロサンゼルスにもあるそう。入学するのもかなり難関だという話です。
 ・・・ということは、彼は完全に俳優の道へ、しかも将来はハリウッド進出を目指しているのでしょうか(実は、いつかそうなるのではないかと何となく思っていましたが)。彼のルックスであればアメリカでも歓迎されそうですが、演技のほうはコーラス以降の映画を観ていないのでわかりません。フランス映画のDVDはなかなか日本語版の発売がないので、コーラス後のモニエくんの演技を見たいと思いつつ結局観る機会がありませんでした。そんな彼が英語をしゃべってハリウッド映画に出演することになったら、すごいことというかびっくりですね。いつかそう遠くない未来、成長したモニエくんの姿を見られる日を待つことにします。
2008_11_13

初雪

category: diary  

 ついに今日、私が住んでいるところにも初雪が降りました。寒いです。
 どうせ寒いなら、雪が積もるくらい寒くなったほうがいいのですが、車の運転とか考えるとやっぱり困る。連休中にタイヤ交換しておくべきだったーとちょっと後悔。

 この3連休は、風邪を引いていたこともあって、家でのんびり寝て過ごしました。「ロード・オブ・ザ・リング」のDVDを1日に1本ずつ観ました。もう何度も観ているのですが、何度観ても同じところで泣きます(笑)。本などもそうですが、何度読んでも同じところで泣ける。そんなことありませんか?
 ちなみに「ロード・オブ・ザ・リング」は、ファンタジー映画の中で一番好きです。登場人物がみんな魅力的なところがいいですよね。この映画についても、いつかじっくり記事を書きたいと思います。

 本家Connorファンサイトのほうが、まるで放置状態です。公開できたのは良かったものの、それ以降全く更新ができていなくて、直そうと思っている箇所にも手をつけられず、皆様に申し訳なく思っています。Connorについても久しぶりに記事に書きたいと思っているのですが、何せ仕事の多忙状態から抜け出せず・・・。でもその多忙状態も今週で何とか終わりそう。HP更新は今すぐにはできませんが、ブログのほうには何かConnor関連の記事を書きたいと思っていますので、気長にお付き合いいただければ幸いです。

 私はすっかり風邪を引いてひどい声になりましたが、皆様はくれぐれもお体を大切に絵文字名を入力してください
2008_11_04


10  « 2008_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

Satomi

Author:Satomi
クラシック音楽が大好き、特にConnor崇拝者です。2010年12月に、1年半のイギリス留学から帰って来ました。日々の生活の様子や音楽関係の話題を中心に綴っていきます。本家Connorファンサイトもどうぞよろしく。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




page
top