上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


 色々懸念のあった週末ですが、楽しく過ごすことができました。
 まず土曜日は無事にバスに乗り(バス停でEnglish boyにバスの行き先らしきことを尋ねられて、悪いけど何て言っているかわからないと言ったらあっそう!て感じでした。なぜ私に聞くんだ~~!)、携帯電話(プリペイド式)も買うことができました。契約書を書いたりもせず、あっという間に使えるようになるんですね。びっくりしました。来て1週間が経つので、バスに乗ったりお店に入ったりするのも、抵抗なくできるようになってきました。さすがに着いて次の日は無理だったけど、ちょっとは進歩したことになるかな。

kings college  そして生で聖歌隊(choristersを含む)の歌声を聴くという、私の目標の1つが叶えられました!King's Collegeのチャペルに行って、礼拝(Evensong)に参加してきました。セントポールに行った時は成人の聖歌隊だけでしたが、トレブルが入るとさらに厳かな雰囲気が増して神聖な感じがしました。
 実は今までキングスのCDは1つも聴いたことがなかったのですが、ただの礼拝と言えども完成度の高さにびっくりしました。まず、トレブルの声が全然幼くはなく熟練された声に聞こえました。そしてテノールのハモリやバスのしっかりとした低音とがかもし出すハーモニーは最高!けっこう音出し無しのアカペラで歌っていましたが、やはり普段の訓練の賜物でしょうね。今までchoristersのみの合唱にしか興味はなかったのですが、もっとキングスの合唱を聞きたくなりました。6・7月にけっこうコンサートがあるのですが、日程が合えばぜひ行きたいです。
 ただ残念だったのは、チャペルが縦長の構造になっていて、私が座ったのは聖歌隊席よりもずっと奥だったので聖歌隊の姿が全然見えなかったことです。終わった後も聖歌隊が先に退場するので、choristersの顔も見れませんでした。白のサープリスがチラッと見えただけ。こりゃーコンサートに行くっきゃないですね。

 次に今日日曜日は、クラスメートとのピクニックに行って来ました。歩きかバスかと思ったら、みんな車を持っているんですねー。びっくり。少し遠くの公園に行って、みんなで持ち寄った料理を食べました。私はTESCOでお寿司を買って行きましたが、他のみんなは手作り!しかも男性もパンケーキを作ってきたり、Italian guyはもちろん(?)パスタでした!みんなすごいわー。私が作るとしたらやっぱりおにぎりかしら。おにぎりなら得意(笑)。
 話が通じなくて迷惑をかけるのではということが心配でしたが、みんな私が理解できないことをわかってきたみたいで、なるべくわかりやすくしゃべってくれるようになったので、少しは話に参加できるようになりました。みんな優しくてとてもありがたいです。でもせっかく仲良くなれても、ほとんどみんな6月で帰ってしまうみたいなので寂しいですけどね。

 というわけで、なかなか楽しく土日を過ごせました。明日からはまた学校です。日本ではそろそろゴールデンウィークですね。こちらはメーデー・バンクホリデーの5月4日のみが休みです。どうやらテスト対策のためハーフタームもないそうなので(私は受けないけど)、とにかく勉強頑張りますわー。
スポンサーサイト
2009_04_26


 今日でイギリスに来て1週間になりました。学校に通い出して5日目ですが、スピーキング・リスニングともに相変わらず。授業中に当てられても「I don't know.」としか答えられなかったり、ペアワークでは相手の人に迷惑をかけっ放し。残念ながらまだ進歩は感じません。まあ、リスニングに慣れたと感じられるのは3ヶ月目とよく聞きますので、根気強く頑張ります。クラスメートに迷惑をかけているのだけは心が痛いんですけどね・・・。
 ただ、1つ進歩があったと言えるのは、クラスメートと少し話ができるようになったこと。ブレイクのときに教室に残っている人と、話が少しできるようになりました。…と言っても、何度もSorry?と聞き返したり、もっとゆっくりしゃべってとお願いしたり、かなり相手は迷惑だと思いますが…(苦笑)。でも、今まで英語を話す機会なんて海外旅行に行った時くらいしかなかったので、この英語漬けの毎日はそれだけでも意味があるかなと思います。

 そうそう、クラスは結局15人の大所帯?になりました。スペイン4、ポーランド2、ブルガリア2、中国2、イタリア1、チェコ1、サウジアラビア1、ブラジル1、日本1(私)です。今回新しく入ったのは私とサウジboyのみ。でも彼は最初からペラペラしゃべっています。かなり独特な発音ですけどね。
 でも、15人全員そろったのは1回だけで、だいたい誰か彼か休みます。今はESOL(ケンブリッジ英語検定)に向けてのテスト対策が多く、昨日・今日は1コマ目がReading&Writingの過去問、2コマ目はスピーキングテストの練習で、数人でグループを組んで面接の練習をしました。テーマに沿ってプレゼンテーションをしたり、パートナーのプレゼンテーションを聞いてコメントや質問をしたりします。当然、まだ受講5日目の私がプレゼンテーションなどできるわけがない!!そして相手が何を言っているかわからない、いや相手が何のテーマなのかも聞き取れなかったのに、コメントなどできるはずがない!!この時期にこのクラスに入ったのは、やはりちょっと難しかったかもしれません。例によってパートナーだったSpanish guyには練習後謝っておきましたが、「自分もスピーキングが苦手だから気にしないで!」と言ってくれて、やはりみんな優しい。
 それにしても、語学学校ってもう少し文法や単語の使い方など基礎的なことを教えてくれるのかと思ったら、ディベートやディスカッションが中心で、今持っている語彙力でとにかく意見を言い合うという感じです。私の場合、語彙力がクラスのレベルに追いついていないので、これで本当に力が伸びるのか疑問。語学学校って、どこもこんな感じなのですかね。

 そんなこんなで1週間が過ぎました。今日は授業後にクラスメートが廊下に集まって何やら相談中。どうやら日曜日にどこかに行く約束をしているらしかったのですが、私には関係ないわと通り過ぎようとしたら、Italian guyが呼び止めてくれて私も誘ってくれました。どうやら日曜日、ピクニックに行くよう。(「ピクニック」という言い方が日本的に受け止めるととてもかわいらしかった。)さすがItalianですねー。こういうときにみんなに声をかけるまとめ役になっています。彼は気さくでとても親切です。いたずら好きでもありますけどね。
 普段ばらばらだと思っていたクラスメートも、な~んだやっぱり一緒に遊ぶことがあるんだと思いました(笑)。ただ、誘ってくれたのは嬉しかったのですが、彼が説明してくれたことを理解するのも一苦労。ピクニックに行っても、話が通じなくて迷惑をかけるのが心配です。まずは明日詳細を電話で教えてくれるらしいのですが、無事に電話を終えられるかが心配(--;)まあ、何とかなるでしょう。

 さて、明日明後日は休日です。今度こそバスに乗って、シティーセンターに行ってみようと思います。できればKing's Collegeのチャペルにも行ってみたいですね。それから、今回ピクニックに誘われて、やっぱり携帯電話の必要性を感じました。明日できれば買って来たいなと思いますが、さあ、無事に買って来られるでしょうか??笑
2009_04_24


 気を取り直して、学校2日目です。今日は1コマ目から参加。昨日は欠席だったらしいスペイン人と中国人女性が1人ずつ増えていて、合計13人になりました。女性の先生で、2コマ目の男性の先生よりはゆっくりめにしゃべるので、まだ少しは聞き取れました。1週間サイクルで色々なスキルを勉強するようでしたが、今日はリスニング。内容は会社でのやりとりやボイスメッセージでした。
 テキストに書いてある文章も昨日よりは易しかったですが、リスニングのほうはまだまだ。当てられないように密かに祈っているしだいです(笑)。わかったのもあったんですけどね。そしてやはり2人ペアになってのミニディスカッションが。昨日のスパニッシュガールにまた当たってしまい、最初に「私は上手に話せないのでごめんなさい。」と断ったら、彼女も「私もだから大丈夫。」と笑顔で言ってくれたので一安心。相変わらずスピーキングはダメダメでしたけど、頑張れば何とかついていけるかもと思いました。

 そして問題の2コマ目。相変わらず先生は早口で何を言っているか聞き取れないし、当てられたけど何も答えられなかったものもありました。だけど、テーマは昨日の続きだったので、昨日家に帰ってから辞書を駆使してかなり単語を調べておいたので、何を話しているかにはついていけました。昨日より、リスニングもわずか~に良くなったかなと自分を励ましました(笑)。
 でも、驚いたのはテキストの文章を読んだときに、あんなに普段ペラペラしゃべるヨーロピアンが簡単な単語を読めなかったり、thoughtとtaughtの発音が似ているという話題になったときに、taughtの原形を答えられなかったことです。彼らは目よりも耳で覚えているのですね。こんなとき、日本人がグラマーには強いということがちょっぴり誇らしくなります。
 明日はディベートをやるらしく(ギャッ)、テーマを今日のうちに教えてくれたので、自分の意見を言えるよう予習をしておこうと思います。こんな感じでもう少しこのコースで頑張ってみようと思います。

 さて、カレッジの様子ですが・・・カレッジ付属の語学学校というと、別棟で授業をするのかと思っていたら、本当に現地学生と同じ建物で勉強をします。一応留学生棟みたいなところに教室は固まっていますけどね。なので、本当に現地学生と同じように図書館や食堂や売店を利用できます。でも、図書館には行ったけど、食堂や売店には1人で行く勇気がなく行っていません。イギリス人学生のかたまりがかもし出す、独特な雰囲気がちょっと怖いからです。実際、蔑んだような目で見てくる子もいますしね(だいたいは金髪の若い女の子)。ホストファザーは、そういう子はきちんとした教育を受けていないから気にするなと言ってくれましたけど・・・。
 そんなわけで、私の今の目標は友達を作ること!よく、英語を本当に身につけたいなら日本人の友達は作らない方がいいと言いますが、先にここに来ていてカレッジのこともよく知っているだろうから、相談に乗ってくれる相手がやはりほしいなと思います。でも、まだ日本人には会っていないのです。あまりに少ないところを選びすぎたかしら・・・。今日チラッと日本人らしき人を見かけましたが、留学生同士で集まっていたので話しかけられませんでした。

 それから、日本人ではなくても英語で話す練習をする友達もほしいのですが、それも今のところ難しそう。クラスの人たちは、だいたい同じ国の人で固まっていたり、ブレイクになると廊下に出て同じ国同士でおしゃべりしています。授業が終わるとあっという間に帰って行くし、しゃべるチャンスは授業の中だけという感じ。で、私はというと授業が終わるとTESCOで昼食を買って家に帰るのが日課になっているのですが、これでは午前中だけしか英語に触れていない!しかも授業中はほとんど私はしゃべっていないし、こんなんじゃせっかくイギリスに来た意味がない!と焦り始めました。
 そしたら夕方に、ホストファザーが庭でお茶でも飲まないかいと誘ってくれました。ミントティーを飲みながら、カレッジの話や映画の話など他愛のないことを話しました。英語の練習のためにと誘ってくれたみたいで、とても嬉しかったです。ホストファミリーはあまり英語の練習までは付き合ってくれないと思って遠慮していたのですが、これからはもう少し話す機会を増やしたいなと思いました。

 わーーまたこんなに書いてしまった。やっぱりこっちに来ると、誰かに聞いてほしくてだらだらと書いてしまいます。こんな時間があるなら勉強しなければですね。さて、夕食も食べたし(今日もおいしかった!特にポテトが)これから明日の予習をします。ここまで読んでくれた方、どうもありがとうございましたm(__)m
2009_04_21


 一言。打ちのめされました・・・orz

 順を追って話しますと、クラス分けのテストをして、intermediate(中級)のクラスに入りました。7コースあるうちの本当に真ん中です。クラスは私を入れて11人。内訳はサウジアラビア1、中国1、ブルガリア2、イタリア1、チェコ1、ポーランド2、スペイン2(たぶん)です。今日がSummer Termのスタートで、新しく入ったのは私とサウジアラビアの男性。最初は円になって、自分の名前と相手の名前を言いながらペンをパスするゲームをしました。和気あいあいとしながらお互いの名前を覚えることができて、そこまでは良かったのですが・・・。

 授業はcorporal punishmentについてのディスカッションみたいなものでした。このディスカッションにまったくついていけなかったのです。今まで「日本人は文法は得意だけどスピーキングがまったくダメ」「ヨーロピアンは文法や単語が似ているのでスピーキングが得意」「日本人はあまり発言せず大人しい」といった話はよく聞いており、自分でもそのことは頭に入れていったつもりですが、そんな次元ではないのです。スピーキングがどうのという以前に、先生や他の人たちが言っていることをほとんど理解できませんでした。早口というのもありますが、単語の意味自体がわからないのです。
 なので、2人ペアになって自分の国の実態について話せと言われても、まずその時点でテーマをまだ理解できていませんでした。パートナーのスペイン人女性はペラペラと話して、次はあなたどうぞ!と言われたのですが、ほとんど何も言えませんでした。私の質問も理解できなかったらしく、困っていたというか呆れられていたと思います。せっかく先生も「日本ではどうなの?」と振ってくれたりしたのですが、まず聞かれたことの意味すら理解していなくて・・・。
 そんなわけで、ボキャブラリーからしてかなりの差があり、まったくついていけなかったことに打ちのめされました。授業が終わった後に、自分には難しすぎたと先生に相談しました。先生は、クラスを変わることはできるけど、今日は難しいテーマだったし、まだ初日でしかも1コマ目はテストだったから本当にこれが最初の授業というのはちょっときつかったと思うし、もう少しこのクラスで様子を見るという手もあるよと言ってくれました。他の生徒もほとんどが去年の9月からいるそうで、半年の差があれば当然かもしれません。でも初日とは言えこんなにレベルの差があって、英語力向上にはならないのではないかとも思いましたが、せっかくクラスの人に名前を覚えてもらったし、雰囲気も良かったので正直変わりたくありませんでした。
 なので、とりあえず明日も来ます!と言って先生と別れました。まあ、頑張るしかないですね。

 家に帰ってホストファザーやマザーにこのことを話したら、最初だから当たり前!レベルを下げたら今度は簡単すぎてつまらなくなるから、コースは変えなくて正解だよ!と励まされました。
 時間割は1回90分の授業が2コマで、クラスは同じだけど先生がそれぞれ違います。今日は1コマ目を受けていないので、どんな授業なのかわかりません。たぶん2コマ目がディスカッションだったから、1コマ目はもう少し文法とか基本的なことを勉強するのでしょうか。1日目にしてもう学校が楽しみとは言えなくなりましたが(苦笑)、とにかくまずは慣れることですね。気を取り直して頑張ります。どうしても無理だったら、レベルを下げてもらおうと思います。
2009_04_20


 昨日はコメント欄にて大変失礼致しましたm(__)mネット接続問題?が解決して、自由に自分の部屋でネットができるようになりました!ワイヤレスなのでとても便利です!!

 さて、改めまして17日(金)に無事イギリスに入国致しました!この3日間の簡単日記です。

 まずは17日(金)。北欧の航空会社の飛行機だったのですが、安いせいなのか向こうの旅行時期なのか満席状態!きっと空いているから3席くらい使って寝て行こう・・・なんていう甘い目論見は消え去りました(笑)。外国の航空会社は久しぶりだったのですが、特に今回は日本人以外の客室乗務員の冷たく乱暴な態度にびっくり。ごみを落としても拾わないし、物を受け取るときはひったくるように取るし・・・。今からこんなカルチャーショックに驚いてばかりいられない!と自分を戒めました(笑)。食事が2回とも和食だったのは良かったです。簡単な寿司やそばが出ました。
 途中乗り継ぎながらヒースロー空港に着いたのは19時過ぎ。頼んでおいたお迎えのタクシー運転手とも無事に出会い、空港を出発しました。運転手は英語オンリーだったのですが、早口なうえにたぶん訛りも入っているのでほとんど聞き取れず。長い道のりだったのでもっと話せば勉強にもなったのでしょうが、眠気にも勝てずほとんど寝て過ごして悪いことしました。
 ホストファミリーの家に着いたのは21時半過ぎ。ホストマザーが出迎えてくれました。家の中に入ってまずは部屋に案内され、その後は簡単な家の中のルールを説明されました。本当はすぐにでも寝たかったのですが、ホストファザーが帰るのを待って、一緒に夕食を食べました。この日4食目です(--;)ファザーはネイティブ、マザーはアジア出身で、2人ともとても優しい方です。もう何人も留学生を受け入れており、ついこの前までは日本人の女性がいたそうです。やはりマザーの英語の方が聞き取りやすいのですが、ファザーの英語を聞き取った方がいい!と言われます。
 そんなこんなでふとんに入ったのは夜中1時。疲れたけどあまり眠れませんでした。

 2日目18日(土)。昼から歩いてシティーセンターへ。本当はバスが出ているのですが、どうもバスは苦手で海外旅行でも乗ったことがなく、1人だと不安なので歩くことに。3マイルくらい離れていてけっこう遠いのですが、のんびり街並みを見ながら歩くのもいいかなと。昨日は1日中飛行機で動かず食べてばかりだったので、運動がてらにもと思って(笑)。昨日のコメント欄にも書きましたが、本当に緑がきれいです。こちらは公園や芝生が多いですね。しかもきちんと整えられている。街中なのにこれだけ緑があふれているのは素晴らしいなあと思いました。天気も良く、本当に緑が映えていました。
 通りの名前を頼りに歩いて行きましたが、途中で地図を広げていると男の人が「You are lost?」と声をかけてくれました。今いる通りで合っていたことがわかり、「Good!」と言いながらその人は去って行きました。笑顔がとても素敵(笑)!親切な人もいるんだなあと嬉しくなりながらまたてくてく歩いて行きました。結局45分くらいかかりました。シティーセンターではショッピングモールの中を歩いたり、マーケットを見たりしました。本当はKings collegeなども見に行きたかったのですが、さすがに疲れてきたので断念。また帰りも歩いて帰りましたが、かなり疲れていて足取りは重く、行きよりもかなり時間がかかって帰りました。天気が良くて暑かったので、家の近くのTESCOに寄って飲み物を買いました。イギリスに来て初買い物です。オレンジジュースとミネラルウォーターを買って£1.25でした。安い!
 シティーセンターを色々見て歩きたかったら、やはり次はバスで行くべきかなと思いました(笑)。おかげで夜はぐっすり就寝でしたけどね。

 そして今日3日目。午前中にファザーにカレッジへの行き方を教えてもらいました。歩いて6~7分なのでとても近くて便利!昼は3人そろっていつもより少し豪華な食事。どうしたんだろう?と思いましたが、考えてみると今日は日曜日。そういえばイギリスの家庭では日曜日の昼食が一番豪華で、家族そろって食べると聞いたような。実はこの家にはもう1人留学生がいて、イスラム系(アラブ系?学生には多いようですね。)の男の子なのですが、彼は昼夜逆転生活らしく食事は一緒に食べないし、だいたい私が着いた日の夜以外に顔を合わせていません。
 昼からは家の近くを散歩。やっぱり緑がきれい。それだけではなく、こちらは公園や芝生でサッカーなど運動をしている子どもや学生らしき若者をよく見かけます。それに、芝生で日向ぼっこをしたり、子どもが楽しそうに自転車を乗り回していたり、とにかく外で色々なことを楽しんでいる人が多いように思います。日本では大きな公園ではそういう風景を見ますが、普通に家の近くの公園や芝生でそんな姿は見られないので、イギリスのいいところなのかなあと思います。
 それに、こちらは本当に今いい季節ですね。冬以外にイギリスに来たことがなかったので、とても感動しています。たまたま今いい天気なだけかもしれませんが(笑)、日本の初夏5~6月くらいの感じです。日も長くて19時半くらいまで明るいです。日本では真夏にならないとそんなに明るくないですよね。今もまだ明るく、空の青と芝生の緑が素晴らしいです。

 さて、明日からいよいよ学校が始まります。学校が始まったらまた色々なことをお伝えできるかと思います。それから、時計をイギリス時間に合わせました。日本時間のままにしようかと思ったのですが、「昨日」とか「今日」が混乱してしまうので・・・。ちなみに時差はサマータイムなので8時間です。
 
2009_04_19


 ついに出発が明日に迫りました。昨日からトランクに荷物を詰め始めたのですが、意外とすぐに重量オーバーになってしまいなかなか苦労しています。
 昨日、ホストファミリーに挨拶の電話を入れました。ご主人が出て、色々質問をしてくれたのですが、何て言っているのかわからず、質問のたび何度も聞き返してしまいました。向こうに行ったら勉強頑張らねばー!と思った瞬間でした(笑)。でも、事前にお話ができて良かったです。
 本当は出国前に皆さんにご挨拶のメールをお送りしたかったのですが、まだ準備が終わっていないので無理そうです。本当に申し訳ありませんm(__)m向こうに着いて落ち着きましたら、また近況を報告したいと思いますので、しばらくお待ちくださいね。
 それでは明日、行ってまいります!皆さんからの温かい励ましのお言葉、本当にありがとうございました。(ちなみに、ヒースロー空港に着くのは現地時間の19時過ぎです。日本は真夜中ですね。)
2009_04_16


 ただ今実家におりますが、プロバイダ契約しなくてもネットにつながったので、記事を書くことができました。頻繁には更新できませんが、出発までにまだネットができるので安心しました。

 さて、今週月曜日に引っ越しをし、3日くらいかかってやっと荷物を片付けました。転勤のある職業だったのであまり荷物を増やさないようにしていたつもりですが、やはり独り暮らしの荷物を実家の自分の部屋に入れるのは大変でした。これからまた留学用の荷物をまとめるのも一苦労しそうです。
 引っ越しの荷物を片付けつつ、色々な手続きをしてきました。まずは転入届などの引っ越しに関わる手続き、それが終わったら航空券購入や保険加入などの留学関係の手続きをしました。

 そして昨日、運転免許試験場に行って国外運転免許証を申請してきました。これは国際運転免許とも言われ、国外でも運転できるようにするものです。手続きはいたって簡単でびっくり。申請用の写真とパスポートを用意し、2650円分の収入証紙を貼った申請用紙を提出するだけ。パスポートも、国外へ行く証明のためにビザを見るのかと思ったら、そうではなくて旅券番号等の確認のためのようでした。免許証は申請からだいたい20分くらいで即日交付。あっという間でした。
 ただ、免許証と言っても国内の免許証のようにカードではなく、厚紙でできた手帳みたいなものでした。それから、有効期限は1年間なのですが、申請した日から1年なので、もう少し出発ぎりぎりに申請したら良かったと思いました。まあ、向こうで運転するかどうかはわかりませんけどね。

 来週は買い物に行って、生活必需品をそろえてこようと思います。でも、あれもこれもと買いだめをするとすぐ高額になってしまうので要注意。もう無収入の身となってしまったので(T_T)本当に必要なものだけ買うように気をつけます。
 それから、今度は国外転出の手続きをして、年金や保険関係の手続きもして来なければなりません。それに、自分にとって一番大変そうなのは、トランクに荷物を詰めること。エージェントの担当の方は、トランク1つだけを持って行って、あと必要なものは向こうで買えば十分とのことでしたが、あまり向こうで新しいものにお金を使いたくないし、トランク以外にも段ボール1個分くらい送ろうかと考えています。とにかく荷物準備が憂鬱です・・・(--;)
 昨日今日で円安が進み、ポンドも先ほど見たら147円まで回復しています。うーん・・・いいような悪いような複雑な気持ち。できれば私の留学期間が終盤に差し掛かってから回復してくれないかな。まだポンド建ての支払いが残っているし(*_*)
2009_04_03


03  « 2009_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Satomi

Author:Satomi
クラシック音楽が大好き、特にConnor崇拝者です。2010年12月に、1年半のイギリス留学から帰って来ました。日々の生活の様子や音楽関係の話題を中心に綴っていきます。本家Connorファンサイトもどうぞよろしく。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。