何と明日から2月ですねー。本当に月日の経つのは早いものです。学校のほうは、2月でコースを終了してESOLの試験を受ける人たちがいるので、ESOL対策のスピーキングの練習が始まりました。2人ペアになって3つのタスクがあるのですが、1つ目は2分間の自分のスピーチとパートナーのスピーチへのコメントや質問、2つ目はリスニングテストとそれに絡めた質問、3つ目は出されたトピックについてパートナーとディスカッションをします。
 この練習をしていて思い出すのは去年4月に来たばかりの頃、同じように5月にESOLを受ける人たちのための練習をしたときのこと。本当に来たばかりで全く話せないばかりか(スピーチは2分間なんてもたない!)、パートナーの言っていることや試験官の質問すら理解できず、いつもパートナーに迷惑をかけてばかりいました。それに比べると、スピーチはまだまだ苦手ですが、文法が変でもとにかく何かをしゃべるというのはできるようになったかなと思います。
 そして今週はリスニングの宿題が毎日出たのですが、それは生徒がそれぞれ興味のある映像(Youtubeやiplayerなどから)や英語学習サイトのリスニング練習などを持ち寄って紹介し、その中から3つの文章をディクテーションしたり問題を出し合うというものでした。ライティングよりは格段に楽なのですが、何度も聞き返したり神経を集中させたりしなければならないのでけっこう疲れます。でもいいリスニングの練習にはなりました。皆さんにもそのうちおススメの英語学習サイト(特にリスニング)を紹介したいと思います。

 さて、金曜日はマザーがday-offだったので私は休みをもらい、カレッジ終了後ロンドンに行って来ました。目的は日系の旅行会社にイースターホリデーの旅行の相談をするため。イギリスにいるうちにまだ行ったことのないヨーロッパの国へ旅行したいと前から思っていたのですが、行くとしたらイースターかサマーホリデー。夏は暑いしイースターのときのほうがまだ料金が安いのではないかと思い、ファミリーにも許可をもらってイースターのときに旅行に行くことにしました。そして夏はイギリス国内の旅行をしようかと思っています。まだイースターまで2ヶ月以上あるのに、人気のあるところはもう既にフライトが満席!とりあえず希望の国を伝えてフライトは仮予約してもらったのですが、ホテルなどは現地とやりとりをしないとまだわからないとのこと。月曜日に結果を教えてくれるらしいので、確定しましたらまたお知らせしたいと思います。それにしても、やっぱりこういうときはロンドンが便利ですね~。でも人が多すぎてちょっと嫌になりましたけど(^^;)
 それから土曜日は、いよいよ来週に迫ったDamianくんのリコーダーのcompetitionに向けての合わせ練習をしました。ピアノに触るのは日本に帰国したとき以来だったのですが、自分のピアノで何回か練習したせいかまあまあの出来でした。あとは本番で間違えないのを祈るのみです…。ちなみにDamianくんは今日、ピアノ部門でのcompetitionに参加して今はもう終わったはず。無事一次通過していますように☆
 そしてその後はいつものJesus collegeのevensongに参加したのですが、この日Anthemで歌われたメンデルスゾーンの「Ave Maria」が最高でした!メインはテノールのソロで、いつもソロを歌う人とは違って私がその人のソロを聞くのは初めてだったのですが、力強く伸びやかでとてもきれいなテノールでした。彼がこのAve Mariaをさらに惹きたてたのは言うまでもありませんが、さらにこの曲の良かったところはそのテノールソロを追いかけるように他のパートが次々と重なり合い、素晴らしいハーモニーを奏でていたこと。本当に感動しました。やっぱりメンデルスゾーンはいいですね~。今度この曲のCDを探してみようと思います。ちなみに聖歌の中でメンデルスゾーンの他に好きな作曲家はヘンデルなのですが、この2人が作曲した曲はどんな曲でも私の中でははずれがありません(笑)。

 実は今日、ついに日本行きの飛行機のチケットを予約しました。まだ早いと思われるかもしれませんが、私が予定していた7月~8月は里帰りの人たちでかなり込み合い、希望日の安いチケットがすぐなくなってしまうと聞いたから。実際、私が予約した日も2便あるうちの1便は既に埋まってしまったらしい(同じ航空会社内の話です)。実はいつ日本に帰るかというのはものすご~く悩んで、最近はそのことばかり考えていたのですが、明日から燃油サーチャージが値上げされるというのを聞いてもう今日決めてしまいました。書くと長くなるのでこのことに関してはまた後日…(誰も興味ないと思いますが。苦笑)。
 それでは皆さん、良い一週間をお過ごしください。私ももう少し時間の使い方を上手くして、もう少し記事を更新できるといいなあ。あ、ちなみに私また風邪を引いたというかぶり返してしまいました。何なんだ~!!今まで1ヶ月の中で2回風邪を引いたことなんてなかったのに!!慣れない環境にいるせいか、はたまた年のせいか??(たぶん後者!?)イギリスは最近また寒くて雪が降ったんですよね。皆さんもどうぞお気を付け下さいm(__)m
スポンサーサイト
2010_01_31


 今週はファザーが何と5日間のホリデーを取って友達とフランスへスキーに行ったので(日本ならありえないですよね!?)、その分私への仕事の負担が当然増えてとて~も忙しかったです。マザーがday offを取った金曜日以外は毎日夕食を用意しなければならず、そうなると宿題をやるヒマもなくて大変でした。でもまあ、子どもたちが両親のいない朝と夕方の生活リズム(?)に慣れてきてくれたので何とかなりましたけど。
 学校のほうは本当に平々凡々な毎日で、またもや特に書くことがなくて申し訳ないです(汗)。最近はほぼテキストに沿って授業が進められるので(そのテキストはCAE受検対策用)、リーディングありリスニングありスピーキングありとまんべんなく全てのセクションを行います。あ、ちなみにライティングは宿題となります。。。
 あ、あとこの前カレッジの図書館に行って強制的に本を借りさせられたのですが…EFL生用のリーディングブックがあるのですが、今まで借りても読んだ試しがなく…しかも知り合いから英語の練習にともらった2冊の本もまだ読んでいなくて、どうも英語の本を読むのは苦手!と思っていました。でも今回知っている映画の原作の本と、日本の「芸者」について書かれた本があったのでその2冊を借りて読んでみました。するとこれが面白いんです!!ちなみに映画の原作のほうはpre-intermediate向けで全部で38ページ、単語数は1200です。芸者のほうはAdvanced向けで97ページと3000wordsです。映画の原作のほうはすぐ読み終わったのですが、芸者のほうはなかなか進みません。やっぱり文章を理解するのにも時間がかかるので、どうしても読むのに時間がかかるのです。期限は一週間なので早く読まなければ~。そして次も興味のあるテーマの本を借りれば、今回のように読むのが楽しみになるかなと思います。これで少しは文章力が身に付けばいいのですが(^^;)

 さて昨日土曜日は、Damianくんのトレブルとしての最後のサービスでした。この日はDamianくんの他に4人のchoristersが正式にトレブルを退団し(そのうち1人はDamianくんと同じくアルトとして残ります)、3人の見習い生が入団を許可され、新しいヘッド・コリスターが任命されたり2人のchoristersがメダルとカップを授与されたりと色々なセレモニーが目白押しの日でした。
 Damianくんは声が許す限り今後もアルトとして聖歌隊に残りますが、6年間歌い続けてきたトレブルとしては正式に退団することとなり彼にとっても重要な節目の日でした。なのでDamianくんの祖父母や親戚の方、そして学校の友達なども来ていました。礼拝のあとはreceptionがあり、DamianくんはDeputy head choristerとしてみんなに感謝の気持ちを表す素晴らしいスピーチをしました。そしてその後はDamianくんの友達3人(1人は同じ聖歌隊員、2人は学校の友達)とともにレストランへ!
 正直、イギリス人ばかり集まるところに私がぽつんと行くのは不安でした(最初はもっと大勢、しかも大人も来ると思っていたので)。先週のティーネイジャー事件もありましたしね。もちろんDamianくんの友達ならいい子ばかりだと思いますが、知らない人、しかもイギリス人の10代の子と私のつたない英語でしゃべるのはちょっと抵抗がありますし、きっとお互いきまりが悪い思いをすると思ったのです。ところがそんな心配も何のその、やっぱりDamianくんの友達はいい子ばかりでした。もちろん10代の思春期の子たちですから私に話しかけてくることはないですし、最初はやっぱり戸惑ったような異色の目?で見られましたが(苦笑)。でもCheriさんがご親切に紹介してくださったので助かりました。Damianくんもかなりハイテンションで、友達との会話を楽しんでいました。やっぱり14歳の男の子ですね。
 というわけで、先週暗いことはありましたが今週は彼らのおかげで救われたような気持ちです♪

 ここからは雑談ですが…BCSDのサイトが閉鎖されて私も残念に思っていたのですが、今日見てみたら復活していましたね!やっぱり少年合唱ファンにはなくてはならないサイトなのでしょう。アクセス解析を見るとConnorのファンサイトにもBCSDからのリンクで来てくれている人もたまにいますので(その場合は海外からがほとんどです)、私にとってもとても大事なサイトなので今後も続けてほしいです。例え更新がなくても、今までのあの膨大なデータだけでも残す価値がありますよね。
 最近ブログ記事もワンパターンになっているので、もう少し皆さんにイギリスの有益な情報なんかお伝えできるといいのですが…。ちなみに最近少しずつ日が長くなってきたのですが、日の出は7時52分で私が起きる頃はまだまだ暗い。天気も悪いですし。朝からカラッと晴れてることなんて皆無に等しい!そんなわけでベッドから出るのが辛い毎日です…。せめてもう少し早く寝ようっと。それでは皆さん、良い一週間をお過ごしください!
2010_01_24


 今週も体調の優れない週でした。やっぱり長旅の疲れと風邪のせいでしょうかねぇ。カレッジも先週以来休校になることもなく、普通どおりの毎日に完全に戻りました。あんまりにも普通すぎて、カレッジに関しては特に書くことがありません(苦笑)。

 さて、昨日土曜日はDamianくんが参加するwar requiemのコンサートの日だったのですが、その前にイギリスに来て一番嫌なことがありました。本当はここに書くと後で思い出してしまって嫌なので書かないつもりだったのですが、皆さんにも実情を知ってもらいたいと思いますので簡単に書きます。
 コンサートに行く前にThompson一家と待ち合わせをしていたのですが、時間つぶしと勉強のために某ファーストフード店に入ったのです。勉強をするからなるべく人のいないところ…と思ったのが間違いでした。確かに人は少なかったのですが、唯一いたのは5~6人のティーネイジャー。彼らは何を食べるでもするでもなく、ただのヒマつぶしでそこにいたようです。そして私に明らかにからかいながら話しかけてきたので、相手にしたくなかったので冷たくあしらいました。それが面白くなかったのでしょう。その後その辺の紙くずを丸めて私にぶつけ始めたのです。反応をすると相手の思うつぼなので、とにかく無視を決め込んで勉強に集中するようにしていたのですが、まあしつこいしつこい!相当の量の紙くずを投げてきました。
 実はこのことがある前にも、アジア人に対する差別が少なからずあり、バスの上から物を投げられた…なんていう日本人の話も聞いたことがありました。でも幸いにして私はそんな経験がなく、特に嫌な思いをすることなくこの9ヶ月を過ごして来れたのですが、ついに経験してしまいました(苦笑)!きっと私が「明らかな外国人」ではなかったら、そして1人ではなかったら、そんなことはなかったかもしれません。まあ、土曜の夜のファーストフード店という時間と場所的にも悪かったのだと思いますが…もう二度と夜にその店には行かないことにします。
 正直言って、怖かったとか腹が立ったとかいうよりも悲しくなりました。なんでこんな接し方しかできないんだろうって。とにかく胸の中にとてもいや~なものが残った感じがして、気分が落ち着きませんでした。でもその後にコンサートに行って音楽を聴くことができたのは幸運だったかもしれません。

 嫌な話は終わりにして、コンサートの話です。そのコンサートはBrittenのwar requiemで、複数のカレッジの聖歌隊から集まった混声の合唱団とオーケストラで演奏されました。choristersはDamianくんの所属するJesus collegeのみでした。そこではDamianくんはファルセットを使ってトレブルとして参加したのですが、奇しくも彼のトレブルとしての最後のコンサートとなりました。
 war requiemを聴いたのは初めてだったのですが、約90分間休みなく歌われたのでちょっとびっくり。一気に終わったという感じでした。ゲストのソプラノ・テノール・バリトンのソロもあり、そして大勢の聖歌隊の迫力ある合唱、響きの素晴らしかったオーケストラなど、とても壮大な演奏でした。choristersも最後にとても大きな拍手をもらっていましたよ。

 そして今日日曜日。気分がまだ晴れず、これはもっと癒しの音楽が必要だ!ということで(笑)St John'sの礼拝に行って来ました。ちょうどどのカレッジチャペルも先週の木曜日から今タームのサービスが再開されたのでした。今日はmen's voiceのみだったのですが、1ヶ月ぶりのSt John's、やっぱり良かったです。前にも書いたと思いますが、St John'sは一人一人が一生懸命に歌っているのがとても素晴らしい!Choristersがいないせいか、いつもにも増して個々の歌声が良く響き渡っていました。
 最近寒くて日曜日の朝早くから出掛ける気になれなかったのですが、今日は天気も良く温かかったので良かったです。こうしてまた私の聖歌隊巡りの日課が再開して、楽しみが戻って来ました。やっぱり私の生活の中には音楽が欠かせないものとなっています。

 さて、気分を切り替えてまた明日から一週間頑張ります。実は今日でイギリスに来てちょうど9ヶ月となりました。そろそろ日本に本帰国する日のこと、帰国した後のことを考え始めています。あと、旅行のことも。ついに(?)嫌な経験もしてしまいましたが、日本に帰る日までさらに充実した日々を送れたらいいなと思います。
 
2010_01_17


 今週は色々あって大変でした=3
 まず、ホリデー明け初日の月曜日。正直先学期は飽きがきていた学校も、久しぶりにクラスメートと会って話したら楽しかったです。やっぱり私の変な英語でも気兼ねなく話せるから、気分的に楽なのかなー。まあ、たった8人しかいなかったんですけどね。他はまだ帰国していない状態。私の地元名産のお菓子をお土産にみんなにあげたら、なかなかおいしいと好評でした!和菓子は口に合わない人がいるので、普通の洋菓子にしたのが正解でした。でも、お菓子のお土産を買ってきたのは私だけ。やっぱり日本人独特の習慣なんですね。
 ちなみにNARUTOグッズをあげたハンガリアンボーイはとても喜んでくれました。グッズが限られていて正直子どもっぽすぎるかなと思ったのですが、心の底から喜んでくれて嬉しかったです。食べ物のなるとも買って行ったのですが、「これが本物のなると!?兄やいとこにも見せてあげたい!」と言って写真に撮っていました。彼の周りではNARUTOは大人気みたいです。でも、味はやっぱり口に合わなかったみたいで…今まで食べたことのない味だと言っていました。そりゃそうだ。笑

 そして大変だったのが火曜日。どうも朝から調子が悪く、学校に行ってからも寒気がして具合が悪かったので絶対に熱があると思いました。家に帰ってから熱を計ったら案の定、微熱がありました。日本で引いた風邪が悪化したのでしょう。微熱といえども体がだるくて起きているのが辛い。でも子どもたちを迎えに行かなければならなかったので、一度横になったら起きれなくなると思って無理矢理掃除機をかけたり洗濯をしたりして働きました。ホント辛かった~。そんなわけで翌日水曜日は学校を休みました。具合が悪くて学校を休んだのは初めて!!今までは体調が悪くても熱がない限り無理矢理行ってたんですよね。出席率の関係もありますし。
 木曜日はだいぶ体調が良くなったので学校に行ったのですが、この頃からイギリス各地は大雪で交通機関がストップしたり休校になる学校が相次ぐようになりました。うちのカレッジは生徒も職員も郊外から来ている人が多いため、たとえ大雪ではなくても通学・通勤が危険な状態であれば休校になりうると火曜日から言われていました。その場合はカレッジから携帯にテキストが送られてくるか、もしくはウェブサイトかローカルラジオをチェックすることになっていました。できれば木曜日も大事を取って休みたかったので休校を期待したのですが、大した雪も降らずカレッジは普通どおりオープン。
 今日も雪の量はほとんど変わっていなかったので、昨日学校があったなら今日もあるだろうとウェブサイトをチェックせず、普通どおり子どもたちを学校に送ってその後バスに乗りました。バスの中で初めて携帯をチェックしたら、たくさんの着信とテキストが!!なんと今日はbad weatherのためカレッジは休校とのこと。もっと早く知っていたら、寒い中バスを20分以上も待たなかったのに!!普段あまり携帯が鳴ることはないのでチェックせずにいたのですが、こういうときはきちんとチェックすべきですね。バスがセンターに着く前にそのことがわかったので、あわててセンターで下りてバスを乗り換えて帰って来ました。

 そんなわけで今日は思わぬ休日となり、午前中はのんびりベッドの上で過ごしました。それにしてもこの程度の雪・天気で休校なんて、雪国の私の故郷ではありえないです。吹雪でも何でもないし、積雪も1センチくらいですよ!ただ寒くてたまにチラッと雪が降るだけ。こんなんで休校だったら、私の故郷では冬は学校が開かないことになります…。
 今イギリスでは私の住んでいる都市は大したことないですが、地方によっては本当に大雪で大変みたいです。空港も閉鎖になったりしてるし。日本も今寒いみたいですし、世界的に今寒い時期なんですね。外が寒いのはいいのですが、家の中が寒いのが困る。服を着込んだりして温度調節をすることには慣れてきましたけどね…。
 とにかく今週は体調が悪く、学校も先生の欠席で自習があったり他クラスと合同だったり落ち着かない週でした。この土日はゆっくりしようと思います。まずは体調を整えないと。皆さんもどうかお体を大切に・・・。
2010_01_08


 皆様、明けましておめでとうございます。昨日、無事にイギリスに帰って来ました。8ヶ月ぶりの日本、楽しかったです。実は日本にいる間はほとんど毎日買い物に行って、おみやげ選びに奔走していました(^^;)友達に頼まれていたものや、オーペア先のファミリーへの遅いクリスマスプレゼントなど、とにかく買わなければいけないものがたくさんあって、優柔不断な私としてはすぐに決められなくて複数の店をたくさん回ったりして疲れました。でも日本からお土産を買って行けるのって今回だけですし、選ぶこと自体は楽しかったです。あまりにも買い物に時間を費やし過ぎたのはちょっと後悔ですけどね。
 買い物以外では、友達に会っておしゃべりしたり親戚の家を回ってお土産を届けたり、甥っ子と遊んだりDVDを見たりしてリラックスして過ごしました。そしてやっぱり日本食は最高ですね!まあ、日本食というよりは母の手料理が…と言うべきでしょうか。肉じゃがと栗ごはんがサイコーでした。よく考えてみたら日本にいた12日間、毎日ライスを食べてパンは一度も食べませんでした。日本米を思う存分満喫(笑)!

 日本に帰るとき、コペンハーゲンで飛行機を乗り換えたのですが、そこの搭乗ゲートは日本人で溢れ返っていました。久しぶりに日本人の集団の中に入ったわけですが、他人のしゃべっている言葉が全て耳に入って来てとて~もうざったかったです(苦笑)。イギリスでは意識して聞こうとしない限り、他人のしゃべっている英語は右から左に抜けて行くので気にもとめていなかったのですが、日本語はあらゆる人がしゃべっている話が全て聞こえてきて正直耳障りでした。でもこんな感覚も日本にいるうちに慣れてきて、イギリスに帰る直前には気にならなくなりました。今まで体験したことがなかったことだったので、不思議な感覚でした。
 それから今回は時差ボケがひどかった!イギリスに行ったときよりも帰ってきたときのほうが辛いんですよね。夜というか朝方まで眠れない日がずっと続いて大変でした。いつもなら1週間あれば確実に直るのに、今回は10日はかかりました。友達と昼に会う約束をしていた日に、何と午後の2時まで一度も起きずに寝ていたことがあって、その友達に平謝りした日もありました(^^;)長時間のフライトよりも、実は時差ボケの方が嫌です(><)

 久しぶりに日本に帰って来て思ったこと。暖房が暑すぎる、バスや飛行機のアナウンスが多すぎてうるさい、ということです。細かいことですいません(笑)。あとはやっぱり接客サービスが素晴らしいですね。今回買ったおみやげ、全て無料で可愛らしくラッピングしてくれて感動でした。イギリスならみんな自分で包装紙を買ってラッピングしますからね。
 あと、イギリスに帰って来る飛行機は日本の航空会社を使ったのですが、快適すぎて感動でした(笑)。食事の前に必ずおしぼりとおつまみ・飲み物が出るし、機内食はおかずの種類が多くて色々楽しめるし、何よりキャビンアテンダントの接客が素晴らしい!のどが乾燥していたので飴をもらいに行ったら、1個のつもりだったのに紙コップにたくさん飴を入れてくれました。「これ全部もらっていいんですか!?」と聞いたくらいです(笑)。先ほども書きましたが、実は最近長時間のフライトが苦ではなくなってきました。特に日本の航空会社はオーディオサービスが充実しているし、食事も充実しているし(飲み物は飲み放題だし、お腹がすいたらおつまみもらえるし。笑)、けっこう時間が過ぎるのが早く感じるほどです。今回は色々日本の番組を見たので映画を見る時間がなく、もう着いたの!?もっと見たいわ!と思ったくらいでした(笑)。今後も例え運賃が多少高くても、絶対日本の航空会社を使おうと思います。

 予想はしていましたが、本当にあっという間の日本滞在でした。明日からもう早カレッジが始まります。みんな来るのだろうか??日本ではもちろん日本語ばかりで英語を話す場面は無かったので、英語が衰えているだろうと心配でしたが、オーペア先のファミリーと話した限りではそれほど衰えているとは感じませんでした。でもそれは日常会話だから。問題は明日の学校ですね。授業で扱うような難しいテーマやボキャブラリーにはついていけないと思います。英語の問題集もさっぱりやっていないし、今年は本帰国までもう折り返し地点を過ぎてカウントダウンが減るばかりなので、できるだけ英語力が少しでも向上するように頑張りたいと思います。
 それでは皆様、今年もどうぞよろしくお願い致します。皆さんにとって今年も実り多い充実した年となりますように。
2010_01_03


12  « 2010_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

Satomi

Author:Satomi
クラシック音楽が大好き、特にConnor崇拝者です。2010年12月に、1年半のイギリス留学から帰って来ました。日々の生活の様子や音楽関係の話題を中心に綴っていきます。本家Connorファンサイトもどうぞよろしく。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




page
top