上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


 いつもながらほんのわずかですが、最新のBurrowes兄弟の近況をお教えしたいと思います。

 まず、ConnorはSports-tradingの仕事がとても上手くいっているそうです。PatrickはSecondary schoolでの、声楽教師としての2年目がちょうどスタートしたところだそうです。そしてEdwardとPatrickは今まで両親の家に住んでいたのですが、彼ら2人ともう1人の友達で、近所で家を借りてシェアすることにしたそうです。親としては子どもがいつも家にいることは嬉しい半面、そろそろ独立してもいい頃だし、SimonさんいわくEdとPatrickの2人はとてもnoisy&untidyなんだとか。何となく想像できる気もしますが(笑)、noisyというのはある意味にぎやかで羨ましいなーと思います。きっと2人でじゃれ合ったり、歌を歌ったりしているのではないかと思います。それにしても、一緒に家を借りるということはやっぱり仲がいいんですね。
 そしてLizzieは、この夏にOxfordのQueen's collegeを卒業しました。卒業にあたってリサイタルを開き、ハープシコードとピアノ伴奏だったそうですが、今までで一番素晴らしいリサイタルだったそうです。(リサイタルの前にものすご~くたくさんシャンパンとワインを飲んだのに…とのことです。笑)今は就職活動をしているそうですが、なかなか幸運に巡り合わないようです。やはり今の時代、どこの国も厳しいのでしょうね。Lizzieは就活をしながら秘書業務などのアルバイトをしているそうです。そして末っ子Jennyは来月でもう16歳!ということは、GCSE最後の年となり、進学準備に忙しくなるでしょう。
 このような感じで、現在Burrowes兄弟はみんな元気で順調に過ごしているようです。

 しばらく前に買った、エドがソリストを務めているセントポールのアルバム3枚ですが、エドのソロの部分だけ聴いた後は放っておいていました(汗)。最近やっと全てを聴いてみたのですが、DVDで観たようにエドが生き生きと歌っているのが伝わってきてとても良かったです。そしてBACのときは全然思わなかったのに、セントポールのCDではエドとConnorの声の響きがかなり似ていてびっくりしました。何も知らないで聴いたら、Connorと間違ってしまうのではないかと思うくらいです。やっぱり兄弟ですね。尊敬する兄のあとを継ぎ、生き生きと輝きながら歌うエドの歌声に何だかぐっとくるものがありました。またもう少し聴き込んでみたいと思います。

 実は先日、まだ1年ちょっとしか使っていなかった携帯が壊れてしまいました。バッテリーではなく、本体が壊れてしまったようで、アドレスやメールなどのデータが全て消えてしまいました(T_T)今まで携帯が壊れたことはなかったので、とてもびっくりです。データが消えてしまったのは痛いけど、これを機に新しい携帯を買おうと決め、念願だったiphoneに変えました。なぜ念願だったかと言いますと、ロンドンでConnorに会ったとき、彼が使っていたのがiphoneだったからです。そのiphoneを使って、私の帰り道を調べてくれたのがとても心に残っていて、次に携帯を機種変するときはiphoneにしようと決めていたのでした。
 iphoneを使っている人は世の中に大勢いると思いますが、Connorと同じ電話になったというだけで、ルンルン気分になってしまう単純な私でした(笑)。
スポンサーサイト
2011_09_25


 すっかり更新が遅くなってしまいました。記事に何を書こうかなーと考えているうちに仕事が始まり、あまりの多忙さになかなか更新できませんでした。就活状況ももっと前から書いておくべきだったのですが、皆さんに頻繁にお知らせできるほど上手くいっていたわけではなく(苦笑)、あまり参考にはならないと思いますが1つの例として書いておきたいと思います。

 さて、昨年12月に帰国してすぐ、就活を始めました。せっかく留学で学んできた英語を活かしたい、仕事で英語を使うことで忘れることなくさらにブラッシュアップしていきたいという想いから、英語を使う仕事を探しました。でも、これが甘かった!!まず、英語を使う仕事といっても色々あります。翻訳であったり、ホテル業であったり、コールセンターであったりと様々。英語を使えばどんな仕事でもいいというわけではないのですが、では一体自分は英語を使って何をしたいのだろうと考えると、答えがすぐに出ません。それに、留学ではビジネス英語を学んできたわけではないので、いざ仕事で使うとなるとそれほどの自信もなく、その求人に応募することにも躊躇してしまいました。このように、自分の考えの甘さがこの辺から見えてきたのです。
 そうこうしながら、やっと自分が興味のある分野は国際交流や国際協力であると気付き、いくつかの求人に応募してみました。でも、それらのことごとくが書類選考落ち!!たった1年半の留学やちょっと英会話ができるくらいでは何のアピールにもならないという現実の厳しさを知りました。おそらくその分野での仕事経験がある人や、英語以外の言語(特に中国語や韓国語)も話せる人が優先されたのだと思います。実際、外国語ボランティアの登録に行ったときに、留学経験がある人がうじゃうじゃいたのを見て、自分だけが英語力をアピールできるわけではないということがよくわかりました。(1つだけ面接まで行ったのがありましたが、残念ながら落ちてしまいました。)

 それから、英語に限らず転職することの難しさも身をもって実感しました。よく、「未経験者歓迎」なんていう言葉を目にしますが、実際はやはり経験者を取っているようです。もしくは、未経験であればまだ既卒3年目くらいの若い人たち。私は前職でそれなりの年数の経験があるので、前職と同じ業種であればすぐに書類選考を通って面接に呼ばれました。でも、全くの異業種だとことごとく書類選考落ちです。おそらく、同じ「未経験」であれば、私のように1つの職種の経験しかないあまり若くない人よりも、これからどんどん新しいことを身に付けていける若い人を選ぶのでしょう。そのことがよくわかりました。
 また、実際に面接に行ってみて理想と現実のギャップにがっかりしたこともありました。私がやりたかったのはこれだ!!と思った仕事の面接に呼ばれ、喜び勇んで面接に行ってみたのですが、話をよくよく聞いてみると仕事内容が自分の思っていたものと違ったり、待遇面が良くなかったり仕事がハードすぎたり…。せっかく面接に呼ばれたけど辞退させてもらったのが3つほどありました。

 そんなこんなで現実の厳しさや自分の能力を見つめ直し、結局行き着いた結果は前職に戻ることでした。正直それは自分が心から願っていることではないですし、どうせ戻るなら留学前にその仕事を辞めなければ良かったのに…と思うこともあります。でも一度退職しなければ、自分がやってみたかった他業種の仕事の経験や就職活動はできなかったですし、今の時点では前職に戻ることが最善の選択ではないかと自分で納得したので、それはそれで良かったと思っています。「やらないで後悔するよりやって後悔せよ」ですよね。
 実は就活をしている最中、臨時社員の仕事を2ヶ月だけしました。英語を使うということで応募したのですが、実際ほとんど使うことはありませんでした。でも、今まで経験したことのない職種だったので興味深かったですし、自分はその職種に向いていないということがわかったので良かったです(笑)。また、次の仕事が決まるまで単発のバイトもけっこうしました。学生のとき以来のバイトで、働いてお金を稼ぐことの厳しさを再認識し、またいつもバイト先で違った仲間に会うことも面白かったです。
 こんな感じで色々遠回りはしましたが、やりたかったことに全て挑戦してスッキリできたので良かったです。前職に正式に戻るためには試験に受からなければいけないので、7・8月に試験を受けました。結果が出ていないので今はまだ臨時の立場ですが、8月下旬から前職に戻りました。

 仕事を始めたら英会話や趣味の習い事などに通いたいなんて思っていたのですが、忙しすぎて当分は無理そうです。もう少し生活のリズムに慣れて余裕ができてきたら、やってみたいと思っています。でもこのままでは英語を忘れる一方でヤバイ!と思っているので、スカイプ英会話をやってみようかと思ってスカイプをダウンロードし、ヘッドセットも買ってきました。でも全然使いこなせていません(--;)スカイプ英会話もフィリピン人講師が今話題でとても安いのですが、私はやっぱりイギリス英語にこだわってしまうんですよね。でもイギリス人講師だとすごく高いんですよ。それならイギリス人の友達とスカイプでしゃべったほうがいいのですが、時差があるし彼らは講師ではないから時間を拘束してしまうのも悪いし…。何かいい方法を見つけられたらと思っています。
 そういうわけであまりの多忙さで更新はまた滞ってしまうと思いますが、自分のペースでゆっくり更新していけたらいいなと思っています。こんなのんびりブログですが、今後もお付き合いいただければ幸いです。
2011_09_04


08  « 2011_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Satomi

Author:Satomi
クラシック音楽が大好き、特にConnor崇拝者です。2010年12月に、1年半のイギリス留学から帰って来ました。日々の生活の様子や音楽関係の話題を中心に綴っていきます。本家Connorファンサイトもどうぞよろしく。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。