上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


 珍しく(!)連続投稿です。Burrowes家よりお知らせがあります。
 Burrowes家(と言ってもSimonさんとSuzyさんのご夫妻のみですが)は、この3月に無事に引っ越しを終えたそうです。イギリスで家を売り買いするのは本当に大変らしく、Burrowes家も引っ越しを考え始めてから実現するまでかなりの時間がかかりました。イギリスでは古い家ほど価値が高く、新築の家というのはめったにありません。子どもがいるうちは大きな家を買い、子どもが家を離れたら小さい家に買い替え、その差額を老後の資金に充てるのが一般的だそうです。例えば今回、Burrowes家が引っ越した家にはもちろん前の持ち主がいます。その持ち主も次の家が決まっていなければなりません。また、Burrowes家の元の家も、次の人に売れていないと新しい家に移ることができません。このように、家を売る人・買う人がチェーンのようにつながっており、もしこのチェーンの中のただ一人でも「やっぱり売るのやめる!」「お金ないから新しい家に移るのはやめた!」なんて言い出したら、チェーンに関わる全ての人の家の売買がダメになるのだそうです。Burrowes家も何度かチェーンの失敗があったそうです。

 そんな大変なこともありましたが、Burrowes家は3月に無事に引っ越すことができたそうです。ただ、日本のようにきちんとリフォームをして引き渡されるわけではないので、引っ越した後も自分たちで家を整えなければならず、現在はガーデンをきれいにするのがもっぱらのプロジェクトだとか。バスルームにシャワーやトイレをつけたり、ダイニングの床を貼ったりなどなど、イギリスではお父さんたちがDIY(Do It Yourself)するのが当たり前。たぶん、日本人の一般男性よりも相当大工仕事は得意だと思います(笑)。
 さて、ここからがお知らせです。Burrowes家には今でも、日本のBACファンからConnorやEdwardにカードなどが届くそうです。ところが今回引っ越したため、今は前の住所に届いてしまっているのだそうです。ConnorやEdはカードが届くことを喜んでいるため、これからは新しい住所に送ってほしいとのことです。そこで、もしこの記事をご覧になっている方で該当する方がいらっしゃいましたら、Burrowes家の新しい住所をお教えしたいと思いますので、ぜひご連絡いただきたいと思います。私のメアドを知っている方は直接メールしていただいてかまいませんし、シークレットコメントでもOKです。どうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト
2013_05_19


 ここにきてやっと、イギリス人の英会話の先生が見つかりました!参考までに、ここに至ったまでの経緯を紹介したいと思います。あくまでも私の個人的な考えですが(^^;)

 どのようなレッスン形態がいいのか、前に通っていた英会話スクールが閉鎖されてから色々と考えていたのですが・・・。私が何よりも優先したかったのは、レッスン日をこちらの都合に合わせて設定できること。固定レッスンだと行けない日もあるかもしれないし、「その日のその時間に必ず行かなければならない!」ということがかえってプレッシャーになったり、義務感のようになってしまったりするのが嫌だからです。本当は毎週通った方がいいかもしれないけど、私は2週に1回程度のゆっくりしたペースで通いたいというのもありました。そういうわけで、グループレッスンにも惹かれましたが、マン・ツー・マン指導にしぼって探すことに。
 最近では、毎回都合のいいときにレッスンを予約できる、個人指導の英会話教室が増えています。レッスンはその教室があるオフィスで行われることもあれば、カフェでコーヒーを飲みながら…というパターンもあり、どちらでも選べるというところもあります。市の中心部にあるスタバなどのカフェに行くと、隣りの席で英会話のレッスンをしているのを見かけることがよくあります。1レッスン(たいてい1時間)1000~2000円とうたっている広告を見かけますが、これには注意が必要です。私も安い!と思ってHPをよく読んでみたら、レッスン料は本当に1時間1000円だったりするのですが、入会金の他にシステム利用料や登録料といったもの、オフィスでレッスンする場合は管理費や冬の暖房費、教材費などが月ごとにかかります。特にシステム利用料なるものを設定しているところがほとんどで、これは毎月数千円かかります。1回のレッスン料より高かったりします。なので、それらを合わせると1ヶ月にかかる金額が、大手英会話のグループレッスンに通うのと同じもしくは高くなるくらいなのです(もちろんレッスンの回数にもよりますが)。
 また、それらの英会話教室が市の中心部に集中していて、カフェでレッスンする場合も中心部にあるお店と限られているということもあり、郊外に住んでいる私にとっては通うのだけで大変なので、この案も却下することに。そうなると、一番良いのは本当に個人でやっている先生を見つけること…となりました。

 実は以前にも個人の先生を探したことがあるのですが、そういったサイトは最新の更新が数年前だったり、そのサイトの利用法がわかりづらくて何となく胡散臭く思っていたのです。でも今回はだんだん切羽詰まってきていたので、そんなこと言っていられません(笑)。色々ネットで検索してみて、そのようなサイトを2つ見つけました。そのうちの1つにイギリス人の先生がいるのを見つけ、しかも更新も最近だったので思い切って利用してみることに。そのサイトでは気に入った先生を見つけた場合、その先生の連絡先を得るためにお金を払います。紹介料みたいなものですね。人数が増えればそれだけお金も高くなりますが、先生は1人いれば十分なので、そんなに購入する必要はありません。私は2人分の連絡先を購入しました。紹介料は、先ほどのカフェ英会話のシステム利用料に比べれば格段に安いですし、他には一切お金はかかりません。サイトへの登録料も無しです。
 お金を払うと、先生の連絡先(メールアドレス)が見られるようになります。その後は自分でメールを送ってやりとりします。私が購入した2人は、1人がイギリス人でもう1人はアメリカ人、2人とも無料で体験レッスンをしてくれるので、気に入らなければそれ以上レッスンを受ける必要がありません。先生によって設定しているレッスン料も様々ですが、この2人はかなり良心的。先生の詳細な情報を前もって見ることができるので、私が重視したのはレッスン料の他に、指導経験がどのくらいあるかです。実は同じサイトでもう1人イギリス人がいたのですが、その人は大学生でとても若く、指導経験がほとんどないのにレッスン料が高かったので却下しました。
 さて、早速その2人にメールを送ってみました。イギリス人のほうはすぐに返信をくれ、連絡をくれたことをとても喜んでいて優しい雰囲気でした。体験レッスンは私の都合のいい場所に来てくれるというのもプラス!一方アメリカ人のほうは、少し遅れて返事をくれたのですが、若干横柄な感じで、ぜひ生徒がほしい!という感じではありませんでした。私の住んでいるエリアはよく知らないし、そっちには行けないと思う(サイトでは市のどこでもOKと書いていたのに!)、もしこのメールを読んで体験レッスンを受けるのをやめる場合は、返事もくれなくていいから~といった感じでした。もう私の心はほとんどイギリス人のほうに傾いていたので、体験レッスンはイギリス人とだけ受けることにしました。
 カフェでのレッスンで私が唯一嫌だなと思っていたことは、隣りの人と席が近すぎることです。私が気にしすぎなのかもしれませんが、静かなカフェでしかもお客さんが密集した場所で、思い切り英語をしゃべるのは抵抗があります。なので、レッスン場所はファミレスを選びました。そのファミレスは席がボックスタイプになっているので、隣りに気を遣う必要がありません。それに駐車場があるのでお互い車で行くことができ、私の家からは10分ちょっとなのでとても便利。体験レッスンでは、私がイギリスに住んでいたこともあって、イギリスについて雑談をしたり、彼が今までやってきたレッスンの教材を見せてもらったり、これからどんなレッスンができるかなどを話しました。彼は英会話学校に勤めていたことがあるそうで、質問カードなどの教材や、映画をトピックにしたリーディングの教材などを持っていて、きちんと1つ1つのレッスンを考えているなという印象をもちました。私が以前受けていた、フリートークみたいな個人レッスンとは比べ物にならないくらいです(笑)。しかもそのフリートークと比べてレッスン料は半額以下!しかもしかも、とても良心的だと思ったのは、レストランでの飲み物やガソリン代は払う必要がなく、私が払うのは本当にレッスン料ぽっきり(自分の飲み物もですが)。レッスン料が安めなので、交通費くらいは支払ってもいいと思っていたのですが、そういうのは全くいらないとのこと。入会金などももちろんなく、本当に破格の値段です。
 人柄もとても良さそうで、何よりやっぱりイギリスという共通の話題があるのが楽しいので、彼のレッスンを受けることに決めました。ちなみに彼はイギリスと言っても北アイルランドの出身で、2年前に日本に来て日本人の奥さんがいます。先日2回目のレッスンを受けてきましたが、ロンドンの話をたくさんしたり、彼の故郷の話を聞いたり、質問カードを使ってロンドンについての色々な質問に答えたりしてとても楽しかったです。しかも1時間のレッスン時間を大幅に超えて、2時間も話しっぱなしでした。彼にとってはそれはいつものことで、時間が過ぎたからって延長料などは一切取らないそうです。そんなところも良心的です。やっと良い先生に出会えて良かったです。

 そして最近、少しずつですが英語を話す環境が増えてきました。前にも書きましたが、アメリカ人のランゲージ・エクスチェンジパートナーができたこと、そして去年国際交流パーティーで会って連絡先を交換していたイギリス人の男性が、仕事の関係で私の住む街に引っ越してきたのです。前の職場では日本語を使う必要があまりなかったのですが、今度の職場はほとんど日本語オンリー。日本語の練習もしなければいけないし、まだ引っ越してきたばかりで知り合いも少ないので、私に会おうと連絡を取ってくれました。彼の日本語は1年前に比べてものすごく上達していたのでびっくりでした。やっぱり同じ街に住んでいると気軽に会えるのがいいですね。
 そしてもう1つびっくり(?)したのが、以前私の家の近くに住んでいてお世話になった、オーストラリア人女性が1年間の長い帰省から帰って来たのです!彼女は宣教師で、次は本州で働くつもりだそうですが、慣れない土地に移る前に慣れ親しんだこの土地に2ヶ月ほどだけ帰って来たのでした。今は日本語を取り戻すために、日本語学校に通っているそうです。この彼女とは来週末会う予定です。
 こんな感じで、重なるときは色々重なるもんだなぁと思いました。少し前までは、英語を話す機会が全然なくてとても焦っていたのに!この数週間だけでかなり英語をしゃべったので、とてもいい練習になりました。舌の動きもだいぶ戻ってきましたし(笑)。ただ、ボキャブラリーの衰えは相変わらず感じるので、そこはこれからも頑張っていきたいと思います。長くなりましたが、ここまで読んで下さった方、ありがとうございましたm(__)m
2013_05_19


04  « 2013_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Satomi

Author:Satomi
クラシック音楽が大好き、特にConnor崇拝者です。2010年12月に、1年半のイギリス留学から帰って来ました。日々の生活の様子や音楽関係の話題を中心に綴っていきます。本家Connorファンサイトもどうぞよろしく。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。