IELTS再挑戦!

category: diary  

 実は、少し前からまたイギリスに行こうか考え中です。行くとしたら大学院留学で、仕事に関係する分野を専攻しようと思っています。でも、最初にイギリス留学を決めた時ほど、思い切って行こう!という気になっていません(--;)イギリスに戻りたいのは山々ですが、楽しいことと同じくらい大変なこともわかっていますし、準備のために相当なエネルギーが必要なこともわかっているからです。語学学校と大学院じゃ大変さがまるで違いますしね。
 一回目はまだ見ぬ世界への憧れのみで突っ走れましたが、なまじ2回目なために色々なことが懸念されてブレーキがかかってしまいます。それらを払拭できるほど本気で行きたいのか、今の英語力でついていけるのか、また貯金を全て使い果たしていいのか、でも行くなら本当に今しかない・・・等々日々悩んでいます。仕事との絡みもありますしね。。

 まあ、考えてばかりいても仕方ないので、とりあえず「今の英語力でついていけるのか」という疑問を解決するために、3月にIELTSを受けることにしました。その結果を見て、大学院に出願できるスコアであれば真剣に考えますし、全然スコアが取れなければあきらめがつくでしょう。
 IELTSは前回のイギリス留学中に2回受け、2回目に一応大学院に出願できる最低ラインのスコアを取れました。でも、有効期限は2年間のため、帰国して3年以上が経った今ではもちろん期限切れです。一度取れたスコアだからもう一度取れるだろうなんて甘いことは考えていません(だから悩んでいるのですが)。その2回目を受けたときは、直前の2か月くらいはマン・ツー・マンレッスンでIELTS対策をバリバリやっていたからです。今の日本での生活状況では、いくら頑張って勉強しても、そのときの練習の密度に遠く及びません。
 とは言っても、やるしかありません!インターネットで、各セクションの模擬テストをできるサイトを見つけたので、それを使って勉強を始めました。少し前からリスニングをやり始めましたが、やっぱり耳がなまっていて、なかなか正確な単語を聞き取れません。何度も繰り返しやるしかないですね。そして今日は嫌いな(苦笑)リーディングを時間を計って(1時間)やってみました。思ったよりはできましたが、やはり時間配分が問題ですので、これも何度もやって慣れるしかないです。それにしても、リーディングをやったらどっと疲れました。精神的にももちろん疲れるし、身体的には肩が痛くなって大変でした。普段、パソコン以外では1時間も机に向かって集中することなんてないですからね。こんなところでも訓練は必要だなと思いました。笑
 ちなみに、スピーキングだけは自分ではできないので、英会話の先生にお願いして練習してもらっています。昨日がそのレッスンだったのですが、カードに書かれたテーマに沿って、30秒~1分くらいで自分の意見をスピーチしたり、質問に答えたりしてどんどん次のテーマに変わっていくというもの。今までのレッスンで一番しゃべったのではないかというくらい、久々にたくさんしゃべれたので、IELTSのためじゃなくてもとても実になるレッスンでした。難しいのは、英語が出てこない云々よりも、自分が今まであまり深く考えたことがないようなテーマに当たったとき。根本的な問題ですけどね。日頃から自分の意見をしっかり持ったり、時事問題にも敏感になっておかないといけないなと思いました。

 わざわざブログで宣言したのは、自分を追い込んでとにかく悔いのないように準備をしておくためです。じゃないとすぐに怠けてしまう性格なので・・・(^^;)私の住んでいる都市では2か月に1回しか受けれないですし(以前は開催地にもなっていなかったので、それに比べれば全然OKですが)、受験料が高いのでそう何度も受けたくないので(2万5千円くらいするんですよ!)、1回でとりあえず目標としている、前回と同じスコアを取れるように頑張ります。もし無理でも、せめてその0.5ポイント下のスコアを取りたいです。それならまだ可能性はあるので。
 試験まであと1か月ちょっと、とにかく頑張ります!皆さんもまだまだ寒い日が続きますが、体調を崩さぬよう元気にお過ごしくださいね。
スポンサーサイト
2014_02_02


01  « 2014_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

プロフィール

Satomi

Author:Satomi
クラシック音楽が大好き、特にConnor崇拝者です。2010年12月に、1年半のイギリス留学から帰って来ました。日々の生活の様子や音楽関係の話題を中心に綴っていきます。本家Connorファンサイトもどうぞよろしく。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




page
top