スポンサーサイト

category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

イースターホリデー旅行記 ~ギリシャ編2~

category: 旅行記  

DSC00299_convert_20100429065117.jpg  それではギリシャ3日目です。本当はこの日はメテオラという都市の、そり立つ岩山の頂上にある修道院を見に行きたかったのですが、人数不足でツアーが催行されなかったため自力で行くとなるとかなり大変であることと(電車で片道5時間、現地でタクシーをチャーターするなど)、結局初日に市内観光をしなかったのでメテオラはあきらめて市内観光をすることにしました。
 例の1日乗車券を買って(市内で買うと3ユーロ)、移動手段は全て地下鉄。アテネ市内の主な観光地は全て地下鉄で回れるのでとても便利です。それにアテネの地下鉄はとてもきれい!乗降口とホームの間の段差がないばかりか隙間すらほとんどなくて、「Mind the gap!」のロンドン地下鉄と比べてとても感動しました。アテネではまだ拡張工事が行われているのですが、どこを掘っても遺跡が出てきてなかなか工事が進まないそう。でもそれを逆に利用して、新設駅では工事中に出てきた出土品を展示してちょっとしたミュージアムになっているんですよ。ギリシャならではですね。

DSC00317_convert_20100429065244.jpg  さて、最初は念願だったアクロポリスに行ってパルテノン神殿を見て来ました。空港からのバスから見た限りでは遺跡などは全然見えず近代的な景色だったと書きましたが、地下鉄アクロポリス駅で降りて階段を上がってみるとびっくり!ものすごく高い城壁が目の前に現れ、さらにその上にパルテノン神殿が堂々とそびえ立っていたのです(上の写真)。パルテノン神殿(2番目の写真)がこんなに高い丘の上にあるとは知りませんでした。神殿の入り口に行くまでもちょっとした坂を上って行かなければいけないのですが、その途中でヘロド・アティクス音楽堂(3番目の写真)やディオニソスの劇場跡を見ることができました。2000年以上前から音楽堂や劇場があるなんて、やっぱりいつの時代でも娯楽って大事なんですね。ちなみに音楽堂は今でもコンサートなどに使われているそうです。 パルテノン神殿は規模が大きく、ギリシャの歴史を感じさせる威風堂々とした建物でした。遠くから見て真っ直ぐに見えるように、柱が実は真ん中が膨らませてあるというのが興味深かったです。
DSC00316_convert_20100429065358.jpg アクロポリスの後はすぐ近くにある古代アゴラ(ここにも遺跡がたくさんある)、戦争博物館、そしてオモニア広場に移動して考古学博物館に行って来ました。残念だったのはギリシャの観光時間がまだ冬時間のため、ほとんどの主要観光地が15時で閉まってしまうこと。この考古学博物館も15時で閉まってしまい、時間がなくて全部の部屋を見ることができませんでした。それからこのオモニア広場は治安が悪いから夜に行かないほうがいい…とガイドブックに書いてあったのですが、行ってみて納得。廃墟になったビルにグラフィティ(いわゆる落書き)がたくさんあり、まず見た目からしてあまり安全ではなさそう。そして道端に何をするでもなく立ってこちらを見ている男の人がたくさんいて、何だか物色されているようでちょっと怖かったです。ガイドブックによると、夜は地下鉄構内に麻薬常習者がいるとか。そんなこんなでオモニア広場からはすぐに離れることにしました。
 どうも、最近ギリシャは外国からの不法入国者が増えたことで治安が悪くなっているらしいです。確かに、市内中心部でも偽のブランド品などをストリートで売っている外国人をたくさん見ました。・・・とちょっと陰の面も書きましたが、全体的にはやっぱり歴史的な街はいいなあと思いました。私は特に遺跡に惹かれるので(^^)

 そしてギリシャ4日目。この日はイタリア・ローマに移動する日で、フライトは昼の12:25なので午前中は観光もせず真っ直ぐホテルから空港へ。ここで役に立ったのがあの1日乗車券です!わざとこの日乗るバスの時間に合わせて、前の日にちょっと遅めの時間に買っておいたので、まだ24時間以内なので昨日の1日乗車券が使えるのです。そんなわけでたった3ユーロで1日分の観光と空港に行くことができてしまいました!
 アテネからローマまでは約2時間15分のフライト。空港に着いてちょっとハプニングが。手荷物受取所の案内マークがたくさんあって、何となくこっちだろうと思って行ったところが別のターミナルだったのです。もうそこまで行ってしまうと後ろに引き返すことができないので、一旦外に出て私の荷物が運ばれているターミナルに行き、到着出口から逆走(?)して入ることに。そしたらそこには軍人のような格好をした人たちがセキュリティーとしていてちょっと怖かったのですが、私のパスポートを借りて何かを控えた後に(番号だけにしてはずいぶん長かった!)手荷物受取所まで行かせてくれました。ローマに来た最初から疲れました(><)
 空港からローマ市内までは電車が一般的です。14.5ユーロもしてギリシャに比べるととても高くて驚きましたが、30分ほどで着くのとその日泊まるホテルに近い駅で降りるのでそれは便利でした。

DSC00364_convert_20100429065508.jpg やっとホテルにたどり着いたのは16時頃だったのですが、17時からオペラを観る予定だったので急いでシャワーを浴びて(暑くてとても汗をかいたので)ワンピースに着替えてオペラ座に向かいました。演目は「トスカ」です。着いてみてまず思ったのは、わざわざワンピースを用意して良かったということ。ほとんどの人が完全なフォーマルドレス。スーツや結婚式に出るような格好です。
 ローマのオペラ座はイタリア3大歌劇場の1つですが、もっと観光客が多いのかと思ったらほとんどイタリア人らしく、館内でパチパチ写真を撮っていたら後ろの席のご婦人に「Cinese?(チネーゼ:中国人)Giapponese?(ジャポネーゼ:日本人)」と声をかけられました。ジャポネーゼと答えたらさらにイタリア語でぺらぺらとしゃべってきたのですが、何を言っているかもちろんわからずそこで会話は終了。イタリア語も話せるようになりたい!と思った瞬間でした(笑)。
 肝心のオペラのほうは、さすが本場イタリア!歌い手のレベルも皆高かったですし、舞台装置やエキストラの規模も大きく壮大な感じでした。ただ残念だったのは字幕がイタリア語だったので、ストーリーを正しく理解できなかったこと。トスカは初めて観るオペラだったのであらすじは予習していったのですが、それでもやっぱりストーリーを把握するのは難しかったです。アリアの中には以前聴いたことのあるものもあったのですが、歌詞の意味までは把握しておらず…。なんでイタリア語で歌っているのに字幕がイタリア語なんだ~!!意味がないじゃないか~!!と1人心の中で叫んでおりました(笑)。
 オペラの後には帰り道で見つけたレストランで、大好物のカルボナーラをいただきました。日本やイギリスで食べるカルボナーラのソースはたいていクリーミーで白い色をしていますが、本場イタリアのソースは黄色くて濃厚な味わいでとてもおいしかったです!
 ・・・とこんな感じでイタリア初日が過ぎて行きました。

 さて、今週末はバンクホリデーがあるため3連休です。急遽エディンバラに2泊3日で旅行に行くことにしました。そんなときに限ってライティングの宿題がたくさん出てしまい、金曜日までに終わらせられるか心配。ここのところはずっと旅行の手配をするのに忙しくしておりました。そんなわけで次の更新がまた遅れるかもしれませんが、どうか長い目で見てやってくださいm(__)m残りのイタリア3日間とエディンバラ旅行についても随時皆さんにお伝えしていきたいと思っています。イギリス生活も残り少なくなってきたので、やっておきたいことがいっぱいです。でもそんなときに限って時間が足りな~い!!今日は日本帰国前に受けるIELTSの試験の申し込みもしてきました。これは憂鬱(--;)
 それでは皆さん、良い週末&ゴールデンウィークをお過ごしくださいね。
スポンサーサイト

2010_04_28

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Satomi

Author:Satomi
クラシック音楽が大好き、特にConnor崇拝者です。2010年12月に、1年半のイギリス留学から帰って来ました。日々の生活の様子や音楽関係の話題を中心に綴っていきます。本家Connorファンサイトもどうぞよろしく。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。