スポンサーサイト

category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

Edward出演のBBCドキュメンタリーとクリスマスコンサート

category: Burrowes兄弟  

 皆さんにお知らせです!Burrowes兄弟のお父様Simonさんより、ある1本のDVDをいただきました。これは10年ほど前に放送されたイギリスのテレビ番組を収録したものです。その内容は以下の2つです。

1)1997年10月~1998年7月に渡ってBBCにより制作された、「St Paul's: Me or the Music」というセントポール大聖堂についてのドキュメンタリー番組です。この番組は全3回のシリーズとして放送され、このDVDに納められているのはそのうちの第2回目です。このパート2は特にchoristersに焦点が当てられたもので、ちょうどこの時期にヘッドコリスターであったEdwardの活躍ぶりが顕著に見られます。他にもエドの弟PatrickやBACでお馴染みのAndrew Johnson、Tom Cockettなども出てきます。

2)1999年にセントポール大聖堂で行われた、Lloyds bank(イギリスで有名な銀行の1つ)主催のクリスマスコンサートを収録したものです。このコンサートの様子はYoutubeでかなりアップされているので、見たことがある方もいるかと思いますが、こちらでもエドがソリストとしてかなり活躍しています。

 私は特に1つ目のドキュメンタリー番組にかなり感動しました。やっぱりBACの現役時代をまるで知らないからでしょう。今までCDでしか聴いたことがなかったのに、映像としてBACメンバーが歌っている姿を見ることができたのは本当に感動でした。歌だけではなく、このドキュメンタリーの興味深いところは、聖歌隊員の日常の様子を知ることができるとともに、ヘッドコリスターの仕事内容、そしてどのようにヘッドコリスターが選ばれるのかということも紹介していることです。それに合唱界のカリスマJohn Scott氏がchoristersにどのような指示を出しているのか、というのも大変興味深かったです。番組タイトルの「Me or the Music」というのもScott氏が子どもたちに言った言葉の1つです。
 ここで1つだけ皆さんにエピソードを紹介しますが、エドが番組の中で話した印象深い言葉がありました。エドがヘッドコリスターとしての1年を終えて部屋の片付けをしているとき、インタビュアーが「元々ヘッドコリスターにはすごくなりたかった?」と聞きました。そしたらエドは「もちろん!僕の兄がそうだったから。」と答えたのです。Connorをとても尊敬していたというエピソードがこんなところでも現れて、とても心が温まりました。

 さて、このDVDを見終わって思ったのは、とても興味深いことばかりで私だけがこのDVDを見たというのはもったいない、ぜひ皆さんにも見ていただきたいと思ったのです。特にEdwardファンにはたまらない1枚かと思います。このDVDは市販されているものとは違いますので、日本のファンの皆様にもコピーしてかまわないとSimonさんから許可をいただきました。
 そこで、このDVDに興味がある方にコピーをお送りしたいと考えております。イギリスのテレビ番組の録画なのでもちろん字幕などはなく、私も全てを理解しているわけではありませんが(みんな早口すぎる!!)、もし聴き取れない部分などありましても、私のわかる範囲でお教えできればと考えています。エドがヘッドとして活躍している様子を見るだけでも、十分興味深いかと思います。

 そこで皆さんにお知らせです。このDVDに興味があり、コピーがほしいと思った方はぜひ私に連絡をください。私が日本に帰国してからになりますので今すぐというわけにはいきませんが、DVDをコピーしたものをお送りしたいと思います。そのため、皆様の住所をお聞きすることになりますのでその点はご了承ください。(もちろんDVD郵送以外の目的には使いませんよ!)住所をお聞きすることと今後の連絡のために、できればシークレットコメントでメアドを送っていただければと思います。折り返しこちらから連絡を差し上げます。すでに私のメアドをご存知の方は、もちろんそちらに直接送っていただいてもかまいません。
 代金ですが、郵送料とDVD代を実費でいただこうかと考えていますが、もし希望者が少なければそれほど高額ではないので皆さんにプレゼントしようと思います。もし希望者が多数の場合は多少の代金をいただくことになりますが、その点はご理解いただけたらと思います。
 できるだけ多くの方々にEdwardの活躍の様子、そしていたずらっ子なPatrickがところどころで見せるお茶目な様子(笑)を見ていただけたらと思います。皆様からのご連絡、お待ちしています!!
スポンサーサイト

2010_06_16

Comments

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2010-06-16 23:29  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2010-06-19 19:46  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2010-06-21 00:28  

NTSC方式とPAL方式 


おおッ! なんとgenerousな贈り物なのでしょうか(父上に最敬礼)。

話には聞いてましたが、当然、英国の人しか知らない番組ですから、資料価値は高いですね。ロイズ銀行主催のクリスマスコンサート…というのは世界最古の保険組合が母体の銀行だと思いますが、たしかその映像って、エドが「キャロルの祭典」のソロを歌っている場面とかが入っているものでしょうか(記憶ちがいでしたらスミマセン)…。

ところでこれは質問なのですが、そのDVDの映像信号はNTSCですか、PALですか? 日本は米国のNTSC方式なので、PALでもOKというプレーヤでももっていないかぎり、試聴することはできないかと思われます(仏人メル友からいただいたDVDがまさにそうでした)。

Curragh  URL   2010-06-21 01:30  

おそらくPALだと思います 

Curraghさん、こんにちは。
鋭いご指摘ありがとうございます。日本のDVDプレイヤーで試したわけではないのでわかりませんが、おそらくPALだと思いますので、パソコンで見ていただくことになるかと思います。(私も自分のパソコンで見ています)

「キャロルの祭典」の私の曲の認識が間違っていなければ、その曲ではエドはソロを歌っていないと思います。ソロを歌っているのは、Once in Royal...やBalulalowですね。でもコンサートの部分は1回しか見ていないので、もし間違っていたらごめんなさい。今度もっとじっくり見てみますね。
Satomi  URL   2010-06-21 07:34  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2010-06-21 11:12  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2010-06-22 00:24  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2010-06-23 00:14  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2010-06-23 00:23  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2010-07-12 01:01  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2010-08-22 18:22  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2014-01-16 01:24  

 管理者にだけ表示を許可する

10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Satomi

Author:Satomi
クラシック音楽が大好き、特にConnor崇拝者です。2010年12月に、1年半のイギリス留学から帰って来ました。日々の生活の様子や音楽関係の話題を中心に綴っていきます。本家Connorファンサイトもどうぞよろしく。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。