スポンサーサイト

category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

イギリスに再上陸!初めてのロンドン暮らし

category: イギリス留学記  

 先日、無事にイギリスに戻って来ました。実は今回1ヶ月以上も日本に滞在していたので、長時間飛行機に乗ってイギリスにまた戻るのが億劫になっていました(笑)。前回冬に日本に戻って来た時は、最後のほうにはイギリスに戻りたくなっていたのに。予想した通りの長旅になり、いつにも増して疲れました。

 まず、成田発ロンドン行きの飛行機が30分遅れの出発。イギリスの交通混乱の影響と言っていましたが、もしかしてtubeのストライキが影響したのかな?遅れて出発したのに、ヒースローの滑走路が混んでいて上空で待機させられ、結局着いたのは予定到着時刻より1時間遅れ。
 そしてドキドキの入国審査。なぜドキドキだったかと言いますと、今回はスチューデント・ビジタービザといういわゆる短期留学生ビザを取ったのですが、帰りの航空券を持っていなかったから。このビザは前もって申請する必要がなく、入国審査時に入学許可書や銀行口座の取引証明書など必要な書類を見せるだけなのですが、帰りの航空券を持っていたほうがいいと前から言われていました。でも私の今回のフライトは往復チケットの復路分のものを使っていますし、まだ正確にいつ帰るか決めていないので航空券を買っていなかったのです。
 案の定、なぜ帰りの航空券を持っていないの?と聞かれました。さらに期限が切れたばかりのビザを見て、15ヶ月もいたのになんでまた戻って来たの?なんで日本でビザを申請しなかったの?またはなんでイギリスにいる間にビザを申請しなかったの?と質問攻め!!そして審議をするからそこで10分くらい待っててと言われて、椅子に座って待つことに。もしビザが下りなかったらそのまま日本に帰るはめになるのですが、航空券持ってないしどうしようとドキドキでした。結局ビザは下りたのですが、「You are lucky!」と何回も言われました。次はないよって。笑
 飛行機が遅れた上に入国審査でも時間がかかったので、コーチに乗り遅れてしまいチャージ料を払って次の便に変えてもらいました。途中でまたコーチを乗り換え、さらにタクシーに乗ってやっとホームステイ先に辿り着いたときには日本の自宅を出てから24時間以上が経っていて、ものすご~く疲れてすぐに寝ました。

 ロンドンには観光やコンサートなどで何度も来たことがありますが、住むのは初めて。しかも今回通うカレッジがセントラルからはかなり離れているので(Zone3にあります)、全く土地勘がないし3ヶ月という短期間なのでホームステイをすることにしました。
 ホストファミリーはナイジェリア人夫婦と4歳と2歳のお子さん2人。ナイジェリアの公用語は英語らしいので、皆さん英語をしゃべっています。家は比較的きれいにしていますし、私の部屋もわりと広くて家具も新しいです。でも問題はカレッジからの距離と食事。徒歩圏で空いている家がなかったらしいのですが、ここからカレッジに通うにはバスか電車に乗らなければいけません。ロンドンはただでさえ交通費がかかるのに、定期代もかかるのは予想外でした。
 そして食事は朝夕の2食付きなのですが、驚いたのは夕食は冷蔵庫に入っている3種類くらいの作り置きをしてあるパスタやチャーハンらしきものを自分で選んでレンジで温めるだけ。毎日これだけ!?とびっくりしました。しかもみんなで食べるわけではないし。好きなときに勝手に食べれるのはいいけど。もしくはインスタントのヌードルを食べてもいいし、食べたかったら冷凍庫に入っている野菜を食べてもいいし、自分で何か作ってもいいよと言われました。自分で作る手間を省きたいからホームステイにしたのに、高いお金を払ってこれじゃあちょっとひどいと思いました。でも、私の場合一番最初に当たったホストファミリーが良すぎたのかもしれません(台湾人のホストマザーの作る食事がとてもおいしかったので)。
 私は今までホストファミリーの当たりが良かったので、この食事はひどいと思いましたが、もしかしたらこれが普通なのかもしれません。でも、あの食事は払っているお金に見合わないし、それに何よりカレッジから遠すぎるので思い切ってシェアハウスを探してみようかと思っています。短期なので見つけるのは難しいかもしれませんが、ホームステイ代と定期代を合わせた金額の範囲内で、徒歩で通える場所の家賃と食費をまかなえる場所があればそこにしようかと。ホームステイは最低4週間からなので、あと3週間以上は滞在しなければいけないんですけどね。

 ちょっと今回は愚痴ばかりになってしまいましたが(^^;)、皆さんにも現実を知っていただきたくて書いてみました(笑)。早くロンドンの交通手段を把握してどこにでもすぐ行けるようになりたいなぁ。交通費が本当に高いので、いつも一番安く行ける方法を考えています(笑)。あとは前に住んでいたところのSt John'sのようにお気に入りの聖歌隊を見つけたり、自分が参加できる音楽系のサークルも見つけたいです。3ヶ月はあっという間に過ぎてしまうので、色々なことに挑戦したいと思いつつ、現実はお金の計算との戦いだったり・・・(苦笑)。もう前のように働いていないので、超節約生活をしなければいけないのです(T_T)
 明日は前住んでいたファミリーの家に、荷物を取りに行きます。ファミリーがランチを作ってくれるし、友達にも会うので楽しみです。これからまた皆さんにちょくちょく留学生活の様子をお伝えできればと思っています。家のワイヤレスインターネットがすぐに切れてしまうのがちょっと問題なのですが・・・。
 それでは皆さん、良い週末をお過ごしくださいね!
スポンサーサイト

2010_09_10

Comments

 

うわぁ~!お疲れさまです!!
もう聞いてるだけで疲れました(笑)

ホームステイ先のその食事の状態は酷いと思います。
「ダーリンは外国人」のトニーさんも、
レストランでまずいワインが出たとき、ちゃんと
まずいとクレームしていました。
妻君のサオリさんがはらはらしてましたけど、
「お金払ってサービスを受ける権利を
買ってるんだから、ちゃんと言った方がいい」
みたいなこと書いてありましたよ~。
日本人には言いにくいですけどね(笑)

これからの留学記楽しみにしていますね!
ほんと為になってます!
ポメ  URL   2010-09-11 17:31  

ホームステイ 

よいホームステイ先を探すのは至難の業だと聞きます。
高校時代友人が一年弱の交換留学でホームステイをしたのですが、留学生同志で集まるとステイ先への不満を漏らしてしまうと言っていました。

ビザ・・・綱渡りですね。
すでに15ヶ月英国滞在歴があり、その間問題がなかったのですから、そこまで慎重にならなくても・・・なんて思うのは甘いのですね。
にゃん  URL   2010-09-12 08:26  

 

>ポメさん

私もこちらに来て驚いたのは、イギリス人に限らずヨーロッパ人は皆自己主張がはっきりしていて、クレームをつけることは当たり前なんですね。私の友達もワインが美味しくないからって口をつけたワインを別の銘柄に変えてもらったり、料理が冷めていると言って新しいものに変えてもらっていましたから…。
でもこちらではホント、「言わなきゃ伝わらない」のです!1年以上こちらに住んでいて、私もその辺はすっかりクレーマーと化してしまいました(苦笑)。言うだけ言ってみようって。日本でもそのクセが出てしまってちょっと困りましたが(^^;)

私の留学記も思ったことをつらつらと書いているだけですが、為になるなんて言っていただいてとても励みになります。ありがとうございます。これからもなるべく参考となるような情報を載せていけたらと思います。
Satomi  URL   2010-09-13 05:35  

 

>にゃんさん

ホームステイはホント、当たりハズレがありますね。私は今まで恵まれていたほうだと思いますが、友達の話を聞くとかなりひどい家もありました。
現在の家は食事と学校から遠いことを除けば、家の中はわりときれいで部屋も広いので住み心地はいいんですけどね。食事も、ホストマザーは気を遣って色々用意してくれるようになってきましたよ。

ビザは、本当に危なかったです…。やっぱり帰りの航空券を持っていなかったのが致命的だったようですが、審査官もわりといい人に当たったようで・・・。
これから留学に行かれる皆さんは、私のように直前に決めないでしっかりと準備をするようにしてくださいね(苦笑)。
Satomi  URL   2010-09-13 05:42  

 管理者にだけ表示を許可する

10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Satomi

Author:Satomi
クラシック音楽が大好き、特にConnor崇拝者です。2010年12月に、1年半のイギリス留学から帰って来ました。日々の生活の様子や音楽関係の話題を中心に綴っていきます。本家Connorファンサイトもどうぞよろしく。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。