スポンサーサイト

category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

ロンドン第1週目終了

category: イギリス留学記  

 さて、ロンドンに着いてのその後です。ロンドンに来てすぐ次の日はとても疲れていたので、家でゆっくり休んで荷物の片付けをしたり、家の近くの店や駅前の散策に行って来ました。その次の日は学校にアコモデーション代を払いにバスに乗って行って来ました。ロンドンでバスに乗るのは初めてだったのですが、平日の昼間なのにほとんど満員だったのでびっくり!バスから見える景色ではさすがロンドン、人も建物も多くてせわしない感じがしました。それに前住んでいた都市もかなりインターナショナルだと思っていたけど、それ以上に様々な人種がいることにも改めてびっくりしました。自分もその中の1人なんですけどね。学校にはバスが30分、バス停から徒歩15分ほどで着きました。やっぱりちょっと時間がかかるなと思いました。

 昨日土曜日は、前住んでいた家に置いてきた荷物を取りに行って来ました。家から空のスーツケースを持って行ったのですが、電車→地下鉄→電車と乗り換えて着くまでに一苦労。それにイギリスの歩道は平らではなくてタイル張りだったり石畳だったりするので、スーツケースを引っ張るとさらに重く感じます。
 前に住んでいた街、やっぱり懐かしくて何となくホッと安心感がありました。オーペアをしていたファミリーとも再会してランチをごちそうになり、子どもたちともまた会えて楽しかったです。仕事は大変だったけど、住み慣れた家がまた恋しくなってしまいました。冬服や学校で使うものなどを置いていっていたのですが、改めて見てみてその荷物の多さにびっくり!とても1回ではスーツケースに入り切らないので、ファミリーもまた置いていってもいいと言ってくれたのでとりあえずすぐ使うものだけ持って帰ることに。またスーツケース持って来るのは嫌なんだけど仕方ない(><)まあ、またこの街に戻って来てファミリーやThompson一家に再会する口実?ができるのでそれは良かったかな。それにしても、コートや冬服のかさばることと言ったら・・・。服もあんなにあったとは。。
 ファミリーの家を後にして、唯一イギリスに残っている日本人の友達と会っておしゃべりをしました。パブに行って飲んだコーラのおいしかったこと!!日本のコーラは薄くて物足りなかったので(^^;)

 そして今日日曜日。交通費の高いロンドンであまりお金を使いたくないけど、家に閉じこもっているのももったいないのでそうだ、セントポールの礼拝に行って来ようと思い立って行って来ました。セントラルに出る場合は、家からだとLondon Bridgeまで電車で行ってそこからtubeに乗り換えます。これが一番早い。せっかくセントラルに出たので、午前のSung Eucharistと午後のevensongの2回礼拝に参加しました。(2回とも同じ人に礼拝のブックレットを渡してもらったので、顔を覚えられてしまいました。笑)さすが日曜日のセントポールは礼拝者がたくさんいて、席は8割方埋まっていたと思います。
 Sung...のほうはchoristersは聖歌隊席ではなく、ドーム下の左はじのほうで歌うのでそこの近くに座るとchoristersが歌っている姿を見ることができます。そこで1人の子に目をつけてみたのですが(凛とした表情や真剣に歌う姿で)、何とその子がヘッドコリスターでした。さすが私、見る目ある!?(すいません、調子に乗っています。笑)evensongはThe admission of Choristersが行われたのですが、そのヘッドの子が新しく正式な聖歌隊員になる8歳くらいのちびっ子にサープリスを着せてあげていました。とてもかわいらしくて、Connorもこうやって幼いときにセントポールに入ってきたのかなーなんて想像しながら見ていました。
 また、最近は例のEdwardのDVDをたくさん見ていたので、ああ、あそこがエドがScott氏のために歌っていた場所だなとか、エドもこうやって十字架を持って入場していたな、なんて重ね合わせる場面がたくさんありました。トレブルたちの歌声は、やっぱりConnorやエドがいた時代のような硬質の声質ではありませんでしたが、高音を出す場面ではかなり鋭く突き刺さるような力強い歌声を聴くことができました。
 セントポールの日曜日の礼拝はHymnもたくさん歌うので、楽しく参加することができました。今度はもっとトレブルたちを間近に見れる席に座ろうと思いますが、かなり早めに行かないといい席を取れなさそうです。そのくらい人が多いんですよ。日曜日にセントラルに出る用事があったら、必ずセントポールに行くようにしたいと思います。
 セントポールの他には、携帯電話の再契約に行ったり買いたいものを探しに中心部を歩いたりしたのですが、なかなか思うような店を見つけることができませんでした。やっぱりロンドンはまだまだよその街といった感じです。とにかく歩き疲れたので店探しは後日にすることにして、夕方家に帰って来ました。日本では車ばかりだけど、イギリスに来ると本当によく歩きます。

 今週一週間はまだ学校が始まらないのですが、少しずつ色々なことを見つけて挑戦してみたいと思っています。それでは皆さん、今週も一週間頑張りましょう!
スポンサーサイト

2010_09_12

Comments

セントポール 

セントポールですか?!
想像するだけで興奮してしまいます。
コナーもエドワードもパトリック、アンドリュー、BACメンバーではありませんがアンソニー・ウェイなど多くの優れたボーイソプラノ歌手が育った地ですもの。

英国各地のcathedral,abbey,churchをいつかめぐりたいです。
円高の今は経済的には大チャンスですが。
にゃん  URL   2010-09-15 11:42  

セントポールですよ!笑 

はい、私もセントポールに行くとここにConnorやBurrowes兄弟、BACメンバーがいたんだなぁと思いを馳せてしまいます。そしてどうしても、現在歌っているchoristerたちにConnorの姿を重ね合わせてしまいます。

私もセントポールに限らず大聖堂の建物や荘厳な雰囲気が好きで、旅行に行くと必ずその土地の有名な大聖堂や教会を訪れます。英国内の有名大聖堂もかなり回ったと思いますが、あと行ってないのはYork Minsterです。いつか必ず行きたいと思っています。
おっしゃる通り、今はかなりの円高で日本から旅行に来るには絶好のチャンスですね。私が3~4年前にイギリス旅行をしたときに比べると、ポンドは半額近くになっていますよ。もしご都合がつきましたらぜひいらっしゃってくださいね。大歓迎でお迎えしますよ!笑
Satomi  URL   2010-09-15 18:58  

 管理者にだけ表示を許可する

10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Satomi

Author:Satomi
クラシック音楽が大好き、特にConnor崇拝者です。2010年12月に、1年半のイギリス留学から帰って来ました。日々の生活の様子や音楽関係の話題を中心に綴っていきます。本家Connorファンサイトもどうぞよろしく。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。