スポンサーサイト

category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

セントポールのEd時代のアルバム

category: Burrowes兄弟  

 最近、やっと私の住んでいるところでも桜が見られるようになりました。それでも例年に比べると、今年は寒いと思います。GW前からずっと天気も悪くて、週の半分以上は雨が降っている状態です(><)風もまだ強いし、「春は名のみの風の寒さや」という歌詞がぴったりです。

 さて最近、エドが活躍していた時代のセントポールのアルバムをいくつか買ってみました。私は自分で「Connorが歌っているアルバムはソロの有る・無しに関わらず全て持っている!」と豪語しているのですが(笑)、基本的に好きなものにはとことんハマって他のものが目に入らなくなるタイプです。そんなわけで、Connorの参加しているCDは集められるだけ集めましたが、持っているセントポールのアルバムもConnor時代のものだけで、エドやPatrickがソロを務めているアルバムには正直興味をもっていませんでした(彼らのファンの方々、申し訳ありませんっっ)。
 ところが、例のエドのドキュメンタリーを見て、彼がヘッドコリスターとして生き生きと、しかも自信をもって堂々と歌っている姿を見て、もっとエドの歌声も聴いてみたいと思うようになりました。Connorの完璧さもすごいですが、エドの完成度の高さにも改めて気付かされたのです。そしてPatrickには実際にイギリスで会ったということと、今はテノールとして活躍していることから、彼のボーイ時代の歌声もじっくり聴いてみたいと思ったのです(BACではPatrickのソロは少なかったので…)。
 そんなわけで、早速Amazon.ukで検索し、「Advent at St Paul's」「Music for St Paul's」「The English Anthem Volume7」の3枚のアルバムを購入しました。エドファンの方々はきっとお持ちですよね…(^^;)でも、残念ながらもう売っていないものもありましたし、Patrickに至っては彼がソロを務めているアルバムは1枚もありませんでした。もう少し早く買っておくべきだったーと後悔です。。そのうちAnthonyのクリスマスアルバムのように、再発売されるといいのですが。
 早速まずはエドがソリストを務めている曲を聴いてみました。ちょうど、「Me or the music」の中のレコーディング場面で歌っていたのと同じ曲もあって、あー、あのとき歌っていたのがこれなんだなーと何だか感慨深くなりました。これからじっくり聴き込んでいこうと思っています。

 話は変わりまして、先日NHKの地球ドラマチックで、またあのイギリスで有名な合唱指導者ギャレス・マローン先生に焦点をあてたドキュメンタリーを放送しているのを発見しました。今回は素人の人たちでオペラに挑戦するというコンセプトだったみたいですが、その番組を見つけたときはすでに全3回中の第3回目で、もし再放送があるなら最初から観たいと思ったのでそれは観ませんでした。ご覧になった方いらっしゃるでしょうか。それにしてもギャレス先生のすごいところは、もともと音楽に関わりのある人たちだけではなく、全く経験のない人たちに音楽の楽しさや喜びを教え、音楽にのめりこませてしまうところです。また少年合唱ヴァージョンをやってくれないかな~とひそかに思っています(笑)。
スポンサーサイト

2011_05_17

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Satomi

Author:Satomi
クラシック音楽が大好き、特にConnor崇拝者です。2010年12月に、1年半のイギリス留学から帰って来ました。日々の生活の様子や音楽関係の話題を中心に綴っていきます。本家Connorファンサイトもどうぞよろしく。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。