スポンサーサイト

category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

St John'sの日本公演

category: music  

 もう皆さんご存知かとは思いますが、7月にThe Choir of St John's college, Cambridgeが日本ツアーを行います。日程と会場は以下の通りです。

7月21日(土) 大妻女子大学
  22日(日) 神奈川県立音楽堂
  24日(火) 京都府立府民ホール アルティ
  25日(水) 神戸松蔭女子学院大学
  26日(木) 神戸聖ミカエル教会
  27日(金) 東京オペラシティコンサートホール
  29日(日) サントリーホール

 St John'sの来日は、何と12年ぶりとのことです。そして、普段のチャペルでのミサを再現したコンサートも予定されているとのことで、何とも楽しみなツアーですね!
 私は留学時代にほとんど毎週生で聴きに行っていたので、今回わざわざ飛行機に乗ってまで聴きに行かなくてもいいかなぁと思ったのですが、めったに正統派の英国聖歌隊が来日することはないですし、やっぱり大好きなSt John'sと聞いて黙っていられないですね(笑)。それに、チャペルで隣りに座って聴くのと、コンサートホールで聴くのとはやっぱり全然違うと思いますし、夕べの祈りを再現したコンサートということでぜひ行ってみたいと思い、東京公演に行くことにしました。
 嬉しいのは、私が留学中に1年生だったchoral scholar生が今は3年生となってまだ在籍していること、また、私の大好きなモーツァルトの「Ave verum corpus」もプログラムに入っていることです。ますます楽しみになりました。

 ちなみに、St John'sつながりということで、Tristan Hambletonくんのミニ情報です。ぜひゲストとしてTristanにも来日公演に来てほしいですが、人材の豊富なSt John'sでは助っ人を要請する必要はおそらくないでしょう。choristersのお世話係としてでも来てほしいですねぇ。
 ・・・というのは私の独り言ですが(笑)、Tristanは最近、若き音楽家たちのために開かれた、Oxfordでのオーディションに参加しています。彼自身はもちろんバリトンとして、そして女性歌手(おそらくメゾソプラノ)とのデュエットだったようです。このオーディションは全てデュオによる演奏で、1組につき何と40分ものパフォーマンスだそうです。40分と言えばちょっとしたコンサートのようなものです。プログラムを考えるところから、かなり思案を巡らせたことでしょう。
 残念ながらこのオーディションの結果を探すことができなかったのですが、たぶん賞を取ることはできなかったようです。でも、大学を卒業した現在でも、このように積極的に音楽の活動を続けているというのは嬉しいことですね。
スポンサーサイト

2012_06_10

Comments

どうぞご来聴を 

さすが日本には、英本国でSJCを聴いていらした方がいらっしゃるのですね。
大妻女子大公演(7月21日午後6時~大妻講堂)の詳細は近日、
ホームページに掲載予定ですが、津波遺児チャリティーコンサートとして、
募金は別として入場は無料ですので、どうぞご来聴ください。
サントリーホールには及ばないかもしれませんが、
決して手抜きな内容ではありません。
大妻学院広報戦略室  URL   2012-06-11 15:49  

コメントありがとうございます 

まさか大妻女子大学様から直々にコメントをいただくとは思いもせず、とても驚きました。わざわざこんな拙いブログにおいでいただき、ありがとうございます。

先日、St John'sのアドミニストレーターの方が、大学に視察に訪れたという記事を拝見しました。キャロラインさんが感激していたという、パイプオルガンや講堂をぜひ私も見てみたいと思いましたが、残念ながら関東在住ではないため、行くことができません。行く予定のコンサートの日とも、日にちが離れているので難しいです。申し訳ありません。
でも、関東圏在住の方々にはぜひ足を運んでいただけたらと思います。

大妻女子大学でのコンサートの様子をお聞きするのを、楽しみにしています。コメントをいただき、本当にありがとうございました。
Satomi  URL   2012-06-11 21:01  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2012-06-12 10:26  

お久しぶりです! 

>Sさま

こちらこそご無沙汰していました。コメントありがとうございます☆

Sさまも、St John's行かれるんですね!親しみを感じて下さっているということで、私も嬉しいです。しかも初めて生で聖歌隊を聴くのは、本当に感動すると思います。楽しみですね♪

ちなみに現在のSt John'sには、あのHarry Severくんと一緒にWinchester Collegeで活躍した、テノールのSam Oladeindeが在籍しています。Choristersのみならず、Choral scholar生たちのレベルの高さにも期待しています。

当日は良い席が取れるといいですね。お互い7月まで楽しみにしていましょう☆そしてコンサートに行ったら、ぜひ感想を聞かせてくださいね。
Satomi  URL   2012-06-12 21:55  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2012-07-06 01:06  

 

>Kさま

HPリンク、ありがとうございました。早速見てみました。

チケットまだ残ってるんですね。確かにぴあなどを見ても、まだ全種類のチケットが購入可能になっていたので、気にはなっていました。せっかく来日してくれるのに、空席が目立っては残念ですよね。それならオペラシティも行こうかなぁと考え中です。

とにもかくにも、コンサートが楽しみですね☆
Satomi  URL   2012-07-07 21:04  

アルティ、行ってきました! 

初生聖歌隊に行ってきました!
開場30分前(開演1時間前)に着いたのですが、既に50人位の方が並んでいました。その後も徐々に増えて開場時には待合ホールがいっぱいになっていました。
私は、3列目のど真ん中の席に座れて、「ヤッタ!」と思ったのです。その時は・・・。
コンサートが始まり、学生たちが入場、大きな拍手。続いて少年たち。「ちっちゃ~い!」「かわいい!」というささやき声とともに、さらに大きな拍手! 最後に Nethsingha先生がにこやかに現れ、割れんばかりの拍手! で、私は気付いたのです・・・この席はあまり良くなかった、と。先生のお姿が大きく見えすぎて、中央2、3列の団員が隠れてしまう・・・。
でもそのお陰で、Nethsingha先生の頭のてっぺんの汗まで見ることができましたけどね。

パーソンズの Ave Maria で始まったのですが、まず声量に驚きました。生で聴くとこんなにすごいのか、と。3曲目のラフマニノフの All-Night Vigil では、盛り上がりのところで会場全体がビリビリ震えるような感じでした。(ホールが小さいということもあるのかもしれませんが)
それぞれのパートのソロもありましたが、treble の少年二人(異なった曲で一人ずつ)も、あの小さな体のどこに、マイクもなしに会場全体に響く声を出せるパワーがあるのだろう、とただただ感心するばかりでした。
演奏会で聴くと、今声を出している団員の表情もわかり、より楽しめますね。また、子音をきっちり出しているのだな、とも気付きました。[r] の音はCDでも rrrrrrrrejoice などとわかるのですが、[t] や[k] もよく聴こえました。
ピアノソロも素敵でしたよ。東京公演ではパイプオルガンなのですね。いいなあ。

アンコールでは、まず「赤とんぼ」を日本語で全員で歌ってくれて、その後、学生たちだけでビートルズの曲を歌ってくれました。観客も手拍子をし、リラックスしたムードで歌っていたのですが、その間中、少年たちはしっかりと楽譜を両腕で抱きしめて、こわばった表情のまま固まっていました。リラックスした学生たちと対称的なその姿は面白かったですよ。腕を交叉して大事そうに抱きかかえているポーズはとても可愛らしいものでした。

終盤は小さい団員たちにはきつかったのか、あくびが出てしまった子もいました。この暑さの中、慣れない場所で連日移動と演奏を繰り返し、疲れが出てきたのでしょうか。いつもなら就寝時間が近いのかもしれません。あと少し頑張ってね!

パンフレットのメンバー表の中に、treble で Peter Nethsingha という名前がありました。Nethsingha先生のお身内、もしかしたらお子さんなのでしょうか?「もしそうならこの子かな?」と思われる少年が最前列にいたのですが、どうなのでしょうね。

とにかく、子供たちの可愛らしさに目を細め、圧倒的な歌声に目を丸くし、大満足の初生聖歌隊でした。
さっちゃん  URL   2012-07-25 14:11  

 

さっちゃんさん、ごぶさたしております。
公演の様子を詳しく教えてくださり、ありがとうございます。私もますます楽しみになってきました。

初生聖歌隊、楽しめたようで本当に良かったですね。私も明日いよいよ東京へと旅立ちます。帰って来ましたら、メールをお送りしたいと思いますので、そのときまたじっくりとお話できたら嬉しいです。

今日は簡単な返信で大変失礼致しますが、またお話するのを楽しみにしています。
コメント、本当にありがとうございました。
Satomi  URL   2012-07-26 14:10  

こんにちは^^ 

はじめましてe-420
まりこと申します。

最近、ボーイソプラノにハマり、Boys Air Choirのファンになったので、嬉しくてコメントしちゃいましたe-267

コナーくんがお好きですか?私は3人とも好きですが、アンドリューくんが一番大好きですe-415
もっと早く知りたかったですe-263
アンドリューくんの美しい歌声を生で聴いてみたかったです。

セントジョンズカレッジのコンサート私も行きました!とても素晴らしかったです。

12月にはドレスデン聖十字架教会合唱団のコンサートに行きたいと思います。

長々とすみません。また遊びに来てもいいですか?
mariko  URL   2012-07-31 08:48  

 

まりこさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

私もBACのファンになったのは、現役時代が終わってからでしたので、お気持ちとてもわかります。
でも、まりこさんのように新しくファンになった方が、私の拙いブログを訪れて下さるのは本当に嬉しいです。ありがとうございます。

3人というのは、Connor、Edward、Andrewの3人のことでしょうか?私はConnorが一番好きで、尊敬しています。私も、Connorの歌声をぜひ生で聴いてみたかったです。

St John'sは本当に素晴らしかったですね。ドレスデンにも興味がありますが、おそらく残念ながら行けないと思いますので、私の分まで聴いて来てくださいね。

あまり更新のないブログではありますが、こんなブログで良ければいつでもお気軽に遊びに来て下さいね。お待ちしています。
Satomi  URL   2012-08-01 01:12  

おはようございます^^ 

お返事ありがとうございますe-420
コナーくんの歌声は素晴らしいですよね!

3人はコナーくんとエドワードくんとパトリックくんです。
書きかたが紛らわしくてすみませんe-330
みんな好きですが、4人の中ではアンドリューくんが好きです(笑)

また遊びに来ますねe-251
まりこ  URL   2012-08-01 08:06  

 

まりこさん、3人とはBurrowes兄弟のことだったのですね!

私はもちろん3人とも好きです。Edは歌唱技術も高く、歌に対する姿勢も真剣そのものですし、Patrickの歌声はどことなくConnorに似ていて、可愛らしいお顔も素敵です☆
でも、やはり一番は…と聞かれたらConnorですね!

Andrewくんも、音程の正確さや澄んだ高音が素敵ですよね。性格も真面目で、来日公演のときははしゃぐこともなく常に真剣だったみたいですよ。

またいつでも来て下さいね♪
Satomi  URL   2012-08-01 21:39  

 管理者にだけ表示を許可する

10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Satomi

Author:Satomi
クラシック音楽が大好き、特にConnor崇拝者です。2010年12月に、1年半のイギリス留学から帰って来ました。日々の生活の様子や音楽関係の話題を中心に綴っていきます。本家Connorファンサイトもどうぞよろしく。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。