スポンサーサイト

category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

Burrowes兄弟 Wでおめでたニュース!

category: Burrowes兄弟  

日本への一時帰国が迫った6月末にSimonさんに再度お会いし、Burrowes兄弟の新たなニュースをお聞きしました。

前回お会いしたときには、Connor夫妻に赤ちゃんの兆候はない・・・と聞いていたのですが、その数週間後にSallyさんの妊娠が判明したのだそうです!
そしておめでたいニュースはまだ止まらず・・・何とSallyさんの妊娠発覚から数週間も置かず、今度はEdwardの婚約者Tessaさんの妊娠が判明!Edカップルは9月に挙式をする予定ですが、式を前に幸せモード全開ですね!
このニュースに誰よりも喜んだのは、兄弟のお母さまSuzyさんだとか。前回お話を聞いたときも、Suzyさんが一番お孫さんの誕生を楽しみにしていると言っていましたもんね。

ちなみにEdの婚約者Tessaさんは11人兄弟?家族?だったかな?とにかく大家族で育ったそうなのですが、その中でも長女のお姉さんはプロのオペラ歌手で、イギリスでも知名度がかなり上がってきているそう。Tessaさんも歌を歌いますが、現在は学校の先生をしているそうです。(Simonさんも、どんな学校で何を教えているかという詳細は知らないそうで・・・)
Connor夫妻に負けず劣らず、芸術的な才能をもったお子さんになりそうですね。
ちなみにお2人の出産は来年春頃の予定で、Sallyさんの方が数週間早いようです。Burrowes家に新しい家族が増えて、一気ににぎやかになりそうですね。

それから実は、Simonさんに会う数日前にLizzieにも会って来ました。彼女がロンドンの学校で音楽を教えていると聞いて、ぜひ授業を見学させてもらいたいと思ったからです。ただ、残念なことにもう年度の終わりだったので授業が無く(テスト期間だった)、そのかわりに彼女がそのとき手掛けていたシアターミュージカルのリハーサルを見せてもらいました。
学校の1階に講堂があり、オルガンやピアノが置いてあってそこでリハーサルをしていました。学校に講堂があるという環境がいいですよね。先生はLizzieの他にもう1人いて、その方が演技の指導をしてLizzieが音楽の指導をするという感じでした。
今回のミュージカルは希望制で、やりたい生徒を募って行っている完全なる課外活動で、授業の一環というわけではないとのこと。しかもそのリハーサルがあったのは日曜日で、勤務時間外の時間を使ってLizzieたちは教えています。その分給料が増えるというわけでもなく、ボランティアというか月給に全て含まれているそうです。
「なぜこのような活動をするのか?」と聞いたら、第一の理由としてこの学校はプライベートスクールなので、学校独自の魅力的なアクティビティを企画してみんなにアピールするためとのこと。第2の理由としては、もちろん生徒たちのモチベーションを上げること。たくさんの練習を重ね、自分たちのためにチケット代を払ってもらい、大勢の前でパフォーマンスをするということはとても貴重な体験になることでしょうね。
そのときリハーサルをしていたのは11~13歳の子たちということでしたが、もう少し大人びて見えましたね~。歌の上手な子、役になりきって演技をしている子、バレエを踊っている子など、それぞれが様々な才能をもっているようでした。

リハーサルが終わった後、学校の音楽棟を見せてもらいました。Lizzieのオフィスもあって、ドアに「Music Director Elizabeth Burrowes」と書かれたプレートがかかっていて格好良かったです(笑)。音楽専門の学校というわけではないので、全員が教養科目の1つとして音楽を受けているようです。ただし、公立の学校ではないのでカリキュラムはなく、生徒の興味を引くようなトピックを選ぶなど自分で授業プランを考えているのだとか。例えば映画音楽だったり、JazzやPopsなんかも取り入れるようです。自分でトピックを選べるのは楽しいですが、1年間全ての授業プランを立てるのはやはり大変な気がします。
Lizzieは11~18歳までの子たち、日本で言うと中学・高校生の音楽を担当しているとのことですが、中学修了時と高校修了時のGCSEやA-levelの試験では、必須科目以外は生徒が自分で受験する科目を選びます。GCSEで選ぶ子は毎年10人もいないくらい、A-levelに至っては1人しかいないという年もあるそうです。そういった生徒がいる場合は、試験対策の授業もするそうです。
今回のように土日も生徒の指導や仕事関連の用事などでつぶれ、とても忙しい日々を送っていますが、やはり教えることは楽しくて自分に合っていると感じているようです。Lizzieは音楽の才能だけではなく、人間関係を構築する才能にも長けていると前から思っていたので、自分に合った職業が見つかって本当に良かったなと思います。
スポンサーサイト

2017_07_14

Comments

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017-07-15 19:16  

 

>mさま

再びのコメント、ありがとうございます。
本当に嬉しいニュースですよね。私としてはやはり、2人ともお子さんが聖歌隊員になってその歌う姿を見てみたいなーと夢を描いてしまいます。笑

mさまは合唱をされているのですね!合唱では、独唱では味わえないハーモニーの中に自分がその一員として歌っているというところが魅力ですよね。
私も学生時代以来合唱団員として歌っていないので、できれば留学中に大学のサークルに入れたらいいなと思っています。

励ましのお言葉、本当にありがとうございます。
こんな拙いブログですが、また時々覗いていただけると幸いです。
Satomi  URL   2017-07-16 12:04  

 管理者にだけ表示を許可する

10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Satomi

Author:Satomi
クラシック音楽が大好き、特にConnor崇拝者です。2010年12月に、1年半のイギリス留学から帰って来ました。日々の生活の様子や音楽関係の話題を中心に綴っていきます。本家Connorファンサイトもどうぞよろしく。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。